「ほっ」と。キャンペーン

森茉莉 伝説の喫茶店

昔(といっても相当昔・・わたしが10代の頃)
大好きだった作家、森茉莉さんの書斎兼応接室のような
毎日のように通っていた喫茶店「邪宗門」さんに
先日、お友達に連れて行ってもらいました。
c0117635_17572191.jpg

c0117635_17573431.jpg

森さんは昭和26年から48年にかけて
世田谷区代沢にあるアパートに住んでいましたが、その時代
毎日のようにこちらに通って原稿を書いたりしていました。
c0117635_17575378.jpg

連れて行ってくださったお友達は
こちらのお店の息子さんと同級生で
森茉莉さんが一階で原稿を書いたり
夢の世界に浸っている時間に
2階で子供同士で遊んでいたそうです。
そんな幸せなことってあるんだなあ
すごいなあ・・下に森さんがいるなんて・・
ひょっとしたら、お店の前ですれちがっていたかもしれないのです。

お店の御主人は、森さんの直筆のお手紙や(手に取って見せていただきました。
万年筆で書かれていてなんだか手が震えてしまいました)
サイン入りの初版本、色々なことの書いてある書籍を
次々と見せてくださって、色々な茉莉さんの思い出を
沢山お話してくださいました。
贅沢貧乏や甘い蜜の部屋、私の美の世界なんて
いつも学生鞄に入れていて
擦り切れるほど読んだ記憶があります。
c0117635_1758960.jpg

c0117635_1821752.jpg

お父さんの森鴎外と、室生犀星にどこか似た
好きだった人をここから眺めるのは
どんな感じだったかな・・とその席に座ってみると
なんともいえない、やさしい、切ない気持ちが
その椅子から伝わってきました。
(森さんの大好きな人がこのお店に通っていらしたのです)
c0117635_1815279.jpg

大切に飾ってある色紙には
「夢見ることが私の人生」と書いてありました。
あまりにスケールが違って森茉莉さんは怒るかもしれないけれど
私もそう思います。
[PR]
by Tukurokka | 2011-09-03 17:52