香港

香港の経済格差についての本を少し前に読みました。
香港ビクトリアピークから見渡たすと、数千万円から数十億の超高級マンション。
世界金融の中心で外資系投資銀行やヘッジファンドが集まる。
グローバルエリートや実業家たちが不動産を買う。
フォーシーズンズ、リッツカールトン、ペニンシュラなど高級ホテルのエントランスには、ロールスロイス、フェラーリ、最高級のメルセデスがタクシーのように多く走っている。一方、目を移すとボロボロな建物があり、ゴミがたくさん落ちているような低所得者アパートが沢山あって、こちらは日本の香港ガイドブックには載っていないようです。
これから日本でできることはどんとん海外へ移るんだろうなと、その本を読んで感じました。
人件費が日本の1/100の国があるという事実。
今夜、真夜中に私はNYギャラリーと一時間Skypeで対話する予約が入っています。
時間も、場所も制限がなくなって、ITが血液のようだと肌で感じています。
こうなってゆくのが時代の定めであるのなら、自分だけの個性、自分にしかできないことで社会によい影響を与えられる人間になってゆくことが大切なのでは、、と考えることが多いです。
[PR]
by Tukurokka | 2014-08-24 22:03