黒革の馬 完成

昨夜黒革の作品が完成しました。
帰宅した娘に見せたら
「うわあ!なにこれ!凄い‼️
今までで一番イイ‼️」
とお褒めの言葉をいただきました、、。

ほんと、、?
そ、そうかな、、?

「うん‼️これは全く今までのとは別モノ❗️
なんていうの、青葉台東急デパートの文房具屋さんの
入口の方から入ったところに
素敵なのが色々飾ってあるでしょう?
あそこにぴったりの感じ‼️」

伊東屋さんでしょう、、

「うん!それだ!!あれだよね。
なんていうか、着てる服で全然変わっちゃうってことあるんだね。
うまく言えないけど、なんか例えが変だけど、、」

つまり、型紙は全く一緒ってことだね
今までは厚手のフエルトだったからね、、

「そう!今までのは、なんか
赤ちゃんとかの部屋にも飾っておける感じだったでしょう」

たしかにね、、毒気はなかったかも、、(汗)

「今度のは、そういうところには合わないよ。
何で今まで、これを作んなかったのかって感じ‼️」

ほんと、、?

「うん。私がここまでマジで褒めることって
あまりないでしょう。
これは絶対良かったよ‼️これはイイよ。」

ありがとうねー
乗馬クラブに行くようになって
お馬さんのつやつやした毛並みや筋肉を見てたら
質感がバックスキンじゃないと思ったんだ。

安っぽかったり、ピカピカいやらしくない
艶のある革が欲しかったんだよ。
やっと見つかったから、それで作ったの。

「うん!本当にこれはイイよ‼️」

いつでも辛口で、ズバリ言われてしまうのに
今回はこんなに褒めてくれて
なんだかちょっとホッとした夜でした。
イギリスの方に楽しんでもらえたらいいな、、

明日はタータンチェックの生地を探しに旅に出ます。





[PR]
by Tukurokka | 2017-01-28 22:50