<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

昨日は作家仲間のMIYABIさん、UZUMさんが出展なさるということで
鬼子母神の手作り市に行ってきました♪

朝から良いお天気に恵まれて
お寺の境内の中もすっきりした空気に満たされていて
一歩足を踏み入れたときから、すごくいい気分。。。
c0117635_230354.jpg

鬼子母神の手作り市は有名のようですが、私は始めて訪れました。
色々なアーティストの方(ほとんど皆さんプロのかた)が出展されていて
ジャンルも色々で、とっても面白かったです。

お店に委託しているのとは又違って
お客様にとっては、作っている人に会うことができるし
作っている人にとっては、買ってくださるお客様と、お話ができるなんて
こんなに嬉しくてたまらない時間はないので
こんな機会はとっても貴重なんだな~・・と思いました。
c0117635_231842.jpg

MIYABIさんのニット小物、UZUMさんの刺繍のバッグやポーチ、小物は
どれも本当に素敵で、お店にたどり着いたらお客さんがいっぱいいました。

私もUZUMさんのポーチとMIYABIさんの指輪や小物入れ、キーホルダーなど
売り切れる前にGetできてほんとに良かったです!(#^.^#)

デザインフェスタも行ってみたいし、秋は行きたい催し物がいっぱいです♪
[PR]
by tukurokka | 2008-09-28 22:58

夜、洗濯物をたたんでいたら娘が横に座って
「ママ、こいしいと、いとしいはどう違うの?」と聞いてきました。

「恋しいと、愛しいのちがい?」
「うん。」

ついこの前生まれたと思った下の娘が
もう 恋しいと愛しいの違いを聞いてくるなんて・・。

「そうだなぁ~。。。
恋しいっていうのは、どっちかっていうと、恋みたいな感じ・・。
片想いとかね・・・。わかるでしょ?
すきだなぁ・・って、そういう憧れみたいな感じもあったり・・・」

「うん。」

「それで愛しいっていうのは・・」
「いとしいっていうのはどんな気持ち?」

「そうだなぁ。。
それは例えば大切にしてる、小さな生き物とかお花にも使うことばだなぁ・・。
とってもとっても大事で、大切にしたいっていう 宝物みたい思っている気持ちかなぁ。
どちらかというと恋しいより、もっと想いが深まっているの。
愛しのエリーって歌があるでしょう?」

「そうか。・・うん、よくわかった」

よくわかった、と言った娘は目をくるくるさせて
どこかに行ってしまいました。

なんだかあと1・2年もしたら
愛しい○○さまへって
ラブレターでも書いていそうで・・
まいったなぁ。
[PR]
by tukurokka | 2008-09-28 22:35

「お金が唸るほどあるから、芸能やダンスや芸能、そういうことも大好きで愛していた。
そういうことだったらあるね。」
「ええ~~!!(@_@;) 
あっ。又は私はニューヨークあたりで、バリバリの編集長とかやってて、
キャリアウーマンだったとかそんな気もするんですが・・」
「いや、それはないね。」(バッサリ!)

「私は女でしたか?」
「うん・・(額を抱える・・)多分。。多分女の子供。スター。」

なんだか何回もスターと言われてビックリ。(-_-;)

「でも、一般市民の苦労や気持ちがわからなかった。
自分の商売の発展のために、政略結婚も企てるほどだから。
だから今世では、普通の人の気持ちや苦労がわかるように
生活しようと思っていた。」

(言っちゃなんだけど、私は筋金入りの超一般市民ですよぉ~・・と思って
うんうん大いにうなずく)

それから家族のことも聞きましたが
それぞれの性格もぴったり当ててくるし、これからのアドバイスも
なるほどなぁ・・ということばかりでした。

結局今日はゆっくり観てあげられなくてごめんなさい。。と
3千円にしてくれました。

当たっているかはわからないのですが
昔、四柱推命で観てもらったとき
とにかく第3次産業なんでもいいから、商売なら何でも向くと
回転財だから、何か商売をしたらいい、
すごい財運を使わないともったいないですよ。
そのまま何もしなくても、生涯お金には困らないけれど(そんなことはないでっす!)
その運を使ったほうがいいと散々言われたような気がします・・。

でもわたしはお金とは全然関係ない物作りが好きです。
これをお金儲けにつなげたいなんて、考えたこともありません。
それにお金だけを目当てに生きる人生は、
全く興味がないんだけどなぁ~・・。

そういう意味では、前世とは正反対の青写真通りの人生を
送っているのかもしれません。
そうか・・。晩年向いている仕事も聞いてみたら良かったのかな。

また半年位して、何か聞きたいことが出てきたら
また来ますね~!と言って帰ってきました。ヽ(^。^)
なんだか不思議な一日でした。
[PR]
by tukurokka | 2008-09-26 18:37
ついに待ちに待った透視の日がやってきました~!
今日は朝からソワソワ落ち着かなくって、
掃除機をかけたりしててもなんだか上の空で・・。

2時からの約束でしたが、一時間も早く下北沢に着いてしまいました。

実はそこでとっても面白いお店を発見!
店内には本やら雑貨やらいっぱいあって、
もう卒倒するほど面白い、変てこなものもあるし
素敵な雑貨や旅の本、料理の本もあったりで
一日いても飽きないと思いました。

そこで雑貨屋さんの本や古本屋さんの本を見ていたら
「東京のやさしい雑貨屋さん」という本を発見。
c0117635_18192272.jpg

AMULETもあるかなぁ~?とめくったら
あった!ありました♪
なんと私の熊さんのめがねケースも載せてくださっていました~!
びっくり・・・!(大汗)
c0117635_18194695.jpg

こんな所で、こんな本を発見するなんて・・・。嬉しいです・・。
どうもありがとうございました。

さて、そこで私はまた違った本を2冊、面白い物をひとつ購入しました。
(それは次のブログに載せたいと思います。)

本題に入りまして、透視です。
どうもすごい人気みたいで、ドアの前に座って待っている人もいて
結局今日は夜まで、ぎっしりみたいでした。

私は時間があったらいろいろと聞いてみたかったのですが
次に待っている人、その次に待っている人もいたので
20分くらいで結局切り上げることになってしまいました。

待っている人に聞いたら、やはり口コミですごい人気だそうで
何回もリピートで来ている人もいて、その方もなかなか予約がとれなくて
やっと取れたんです・・と言っていました。

私の前世のことを聞いてみたら、
その前に、今の人生の流れ、ずっといい感じで安定してきているよね
若い頃不安定な時期があったけれど。と
恐ろしいほど当ててきたので、びっくりしました。

うん、そしてその前ね・・・

「すごい、なんていうか、スターだね。前世が良すぎたね」
「スター?」
「おそらく・・2代目か3代目の、社長のような立場で・・
ものすごい直観力があって、商売の才覚があって・・」
「商売??」
「そう、それで、大金持ちだった・・。天才的な商の才覚・・
美空ひばり・・そう、そんな感じの子供だった」
「み、美空ひばりですかぁ!?」
「そう。 それで全部直感で当たるから・・。
今もそうだけど、感がものすごいから。だから直感で商売するのだけど
全部それが次々大当たりしていた」
(のけぞる!)

「。。。いやぁ~・・なんていうか、今は全然大金持ちじゃないですけど・・。あの、私は前世
踊り子とか、お笑い芸人だった気がしてるんですけど・・」

(その2に続く)
[PR]
by tukurokka | 2008-09-26 18:21

今日は午前中に灯りの学校に行ってきました。
いよいよ次回からは上級にはいり、自由制作になります。

オブジェを作るわけではないので、いくらデザインが良くてもだめですよ~。。
と先生に言われています。
光のデザインを考えてくださいね・・って。

それで、あんなのやこんなのを作ってみたいんですが・・と
そのへんにあった紙にラフに描いてみたら
「それは・・どれももう講師の免状を持っている方くらいの難易度のものですね!」と
言われてしまいました。^^;

そうか・・と頭をかいていたら
これは私が先月作ったものです。。と先生が見せてくださったものがあって
うん、こういうのがやりたかったイメージと近いかなぁ~。。と感じました。

学校に入ると、基礎からしっかりと叩き込んでくれるので
とても嬉しいですが、でも難しいから最初からトライしちゃダメってことは
ないと思ってます。

でもいきなり先生に無理言ってもいけないので
少しづつ、少しづつやっていこうと思います。

10月11月12月は、おっちょこちょいを治すように心がけて
落ち着いてがんばっていこう~♪と思っています。
[PR]
by tukurokka | 2008-09-25 20:11

昨日は蜂にさされてまいった私ですが、今日は仕事の後、元気に東京ドームの
SMAPのコンサートに行ってきました!ヽ(^。^)ノ

私はSMAPのファンではないのですが、お義姉さんが大ファンで
今日明日と二日続けてチケットを買ったようで、明日はなんと有給まで取るそうです。

おととい電話が来て
「amyちゃん、水曜って暇?」
仕事だと言うと、
「私も仕事だけど何時に終わる?」
お義姉ちゃん、なんか怖い声だけど。。?何だろ??と思ったら
どうやら今日コンサートに一緒に行くはずだった人がダメになり、
チケットがあるらしいのです。

私は楽しいことに誘われたら、基本的にほとんど断りませんし
お義姉ちゃんもなんだか絶対に、お供できない、なんて
言えなさそうな雰囲気でしたし(^^ゞ
「いいよ~。行く行く~♪」となったのでした。

私たちの席は2階の一番後ろの一番高いところで、ほぼ中央でした。
すごい景色でした。とにかく、上から舞台も観客も全部を見渡して
煌びやかなステージをながめていたら、まるで芸能の神様になった気分になりました。
ジャニーさんってやっぱすごいわ。。と思ったり・・・。
キムタクの輝きっていうのは半端じゃないんだなぁ・・と思ったり

何よりもこうやって、皆に夢や希望や、喜びを与える芸を作る仕事人や仕掛け人
(影武者)ってすごいなぁ!と思いました。

もちろんスターは素晴らしい原石として生まれて、誰かの手で磨きこまれて
自らもずっと努力して成長しつづけて、みんなの宝物だけど
それをもっともっと大きなところから時間と年月をかけて、構想を練った人たちは
すごいなぁ~!素晴らしい仕事だなぁ。。。と感動しました。

大きく花ひらいた満開のSMAPを、
豪華なステージと光の中で観ることができて、すごく幸せに思いました。

とっても楽しい夜でした。ヽ(^。^)ノ
c0117635_0575622.jpg


SMAPは Super modern artist performance の略だったのですね~!
[PR]
by tukurokka | 2008-09-25 00:19
この前あるお友達が、私のブログを読んでいると
毎日毎日激動の出来事が起こってて

階段から落ちたり、橋に激突したりしても、全く無傷だったし
連休に仕事に頼まれるなんて大変だねと思ってたら、
実はすごい透視に誘われるためだったり
とにかくすごく毎日がエキサイティングだね!と言ってくれました・・・。^^;
色々あるけど、結局災い転じて福になってるねって・・。

ありがとうございます・・。
今日も命がけで栗を拾ってまいりました!

今日はお彼岸でしたので、二件のお墓参りに行ってきました。
平凡な一日が無事に終わったと思っていましたが・・

帰宅後、娘を塾に送ったあと、散歩してて栗の木のあたりを通ったので
(これは自然に生えている栗ですので泥棒ではありません・・。念のため・・)
栗を拾っていたら
なんと生まれて初めて、蜂に刺されました!

ブ~ン。。と音がして
しゃがんで下を向いていた私の首から背中に入り
左の肩の下をぐさっと刺しました。

すごい激痛!!
蜂に刺されたのは生まれて初めてでしたが、すごくしびれて
めちゃめちゃ痛くて、びっくりしました。
蜂に刺されたら、どうするんだっけ?としびれる肩をつかみながら
片手運転で、とりあえず薬屋さんに行きました。

処方箋担当のところに男の人がいて、女の人を探したけどいなくて
(このときはほんとに痛くて、しびれていて、脂汗もかいてて、必死でした)
「どうも蜂にやられたみたいなんです・・。めちゃめちゃ痛いんですけど・・」
と言ったら、どこどこ、と言うので
背中なんです・・うっ!と言ったら
ちょっと見せてくださいと、なんか有無を言わさず背中を見られてしまいましたが

「うわ~!ほんとに相当腫れてますね~。おそらく蜂ですね!」と言われました。

それで軟膏をもらってきました。

調べてみたら初めて刺されたのが顔や頭の場合、重症になることが多いので
蜂の種類によらず、すぐに病院に行くようにと書いてありました。

どうしてそこに蜂がいたのか、
何故私を刺したのかよくわからないのですが
顔や頭を避けて背中にしてくれて本当に助かりました。

くやしいのでもう一回行こうかな~と思ったけど

2度目に刺されて死亡する場合もあるらしくて
そんなことで死んじゃうのもちょっと淋しいので
やっぱりやめておこうと思いました。

ほんとに顔や頭じゃなくて良かったです。

でも2度目に刺されたとき、つまり次に刺されたときは
もうリーチかかってしまってるんだなぁ~。。。。。(恐)(-_-;)
命がけの栗拾いは、もうやめておくことにしました。
[PR]
by tukurokka | 2008-09-23 22:13

今週はなんだかついてることが多くて
たまたま仕事も用事もなく、ぽっかり一日だけ空いている日に
口紅についての座談会があり、すごい倍率だったみたいですが
たまたま当選したので、参加してきました。

30代、40代、50代の女性7人位で集まって
進行の方に聞かれたことに一人一人答えていくのですが
いつも使用している口紅やグロスを持参してくださいということで
皆さんポーチの中から6種類位、いろいろなルージュを出して
机に並べました。(写真撮影もありました)

まるでJJの雑誌の内容みたいで面白い~~。(*^。^*)
どうやら選考の基準が、メイク用品にすごく興味があって
色々と試している人、デパートで化粧品を買う人、お金を使う人だったようで
どの人のお話もとっても面白くて、ためになりました。

私はディオールの口紅は、今は使っていないのですが
他の方は全員ポーチにディオールの口紅が入っていました。
ディオールはなんといっても口紅本体の形が綺麗。
色の前にまず、その姿が綺麗だと皆さん褒めていました。

お化粧品(メイク関係)と女性との付き合い方は、年齢や職業とも
かなりかかわってくるようです。
お仕事をされていない方は、どちらかといえば自分の好きなように
お仕事を持っている方は、人から見られて元気そうにとか、
顔色が悪く見えないようにとか、マナーとしての観点が重視されているようでした。

ともあれ本当に楽しい座談会で、2時間で8000円もいただいてしまいました。
・・♪(*^。^*)
でも、これでまたデパートに行っちゃいそうな自分が怖いけど・・。
[PR]
by tukurokka | 2008-09-22 23:19
今日はアミュレットに納品に行ってきました。

お店に入ってびっくり。。。
たった一週間で、この棚は・・この机は、どうやって作ったのか
まるで魔法にかけられたように雰囲気が変わりました。
お店のコンセプトがカフェから雑貨のほうに移ったことが
一目瞭然で外からもわかりました。
これから一日一日と、ますます素敵なお店になっていくんだろうな・・と思いました。

ただ、私は前のカフェの居心地の良さに体がなじんでしまっていたのか
いつもの椅子もソファーも、本棚も見当たらなくて、
それがちょっぴり淋しかったです。

場所や空間に流れる空気や風、
少し模様変えをすることで、こんなに変わるものなんだなと
改めて気づかされました。

古くてもずっと残しつづけていくものと
創り上げたもの縛られずに、軽やかに壊して新しいものをつくること

私もこんな風に作品を創っていけたらいいなぁ・・と
今日は改めて思いました。

(写真は今日納品した、白いコートのアクセサリーケースです)
c0117635_19464283.jpg

[PR]
by tukurokka | 2008-09-22 19:46

今日は不思議な展開があって、
ずっと欲しいと思っていたジューキの工業用ミシンを
すごく安く買えることになりました。
おまけに・・そのお店でサンプルとして使っていた
ロックミシン(7万円相当)を
全部きちんと手入れをいれていただいて
タダでつけてくれるというのです。

いつもそのミシンの番号はメモに書いて
私はお財布に入れて持っていました。
(その型番は以前お教室で使わせてもらった時に最高に良かったので
控えて取っておいたのです。)

今から考えるとすごく不思議なんだけれど
こうやって欲しいと思っていたものは、突然すっと
手元にやってくるんだなぁ・・と思いました。

「ロックミシン使いこなせるかしら・・?洋服を縫い始めるつもりはないんだけど・・」
とお店の方に言ったら
「わからないですよ。いつか貴方はすごく作りたくなるかもしれない」
とにこっと笑って言われました。
「だから一台しかないけれど、これをつけてあげます。すごく働き者だよ」


本当に不思議な展開でした。
朝ミシンをかけていたら、ビステープをはさみこんでしまって
結局自分では取り出せず、ブラザーに電話することにしました。

いつもはサービスセンターから、名古屋の工場に送って修理しますが
今日は簡単なことだし、地元のミシンやさんでも治せないかな・・と
104で聞いて近くのミシン店に持っていったのです。

雨の降る中、車で行ったら
親切なおじさんが出てきて、さっとミシンを持ってくれて
それからあっという間に治して、整備してくれて
千円でいいですよ・・・と言われました。

そんなに安くしてもらっていいのですか・・?
と聞いたら、
「いつかミシンを買うときは又来てね」 と言われるので
「はい。・・でも次に欲しいのはジューキの工業用ミシンなの」と
お財布から紙を取り出して番号を言ったら、
「それは、貴方の隣にあるミシンですよ」と言われました。

これからジューキのミシンも日本で作らず中国で作ることになったそうです。
値段は全く変わらないそうです。
その方のお話では、「僕らは修理をする場合一生懸命治すけれど
こればっかりは仕様がないんです。まるっきり出来が違います。」
(中国製と日本製では)
と言うことでした。

私の使っているミシンは、息子が生まれた年に買った
ブラザーのコンピューターで当時でも一番いいのを思い切って
安くしてもらって、当時アルバイトして貯めていた20万位をはたいて買いました。

私が布で物を作り始めたのは、すべてこのミシンがいてくれたお陰です。
でも、繊細な機械なので故障が多いし、できればどんな厚手の布もOKの
パワフルなミシンもひとつ欲しいと長年感じていました。

少し考えたいけれど、とても欲しいと言ったら
「よく考えて、別にキャンセルしてくれてもいいので
このロックミシンはとっておきますね、一台しかないから」と言ってくれました。

心の中ではもう、一瞬で答えは出ていて
このミシンだ、と思いました。

又がんばって、うんと働いて、いっぱい作ろう。
はやくミシンを迎えに行こうと思います。
[PR]
by tukurokka | 2008-09-20 00:33