「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


まだ個展がはじまってたった2日しかたっていないのですが
私は今までに味わったことのない幸せをかみしめています。

毎日遠いところからきてくださるお友達、そして
お客様にお会いして、本当に山のように沢山の励ましをいただいています。

本当にほんとうに嬉しいです。

本当にありがとうございます。

c0117635_22471526.jpg


c0117635_22443093.jpg


c0117635_22461236.jpg

[PR]
by tukurokka | 2009-09-30 22:46

神保町のAMULETで個展がはじまりました。

初日だというのにデジカメを忘れてしまったのですが
ハム子さんが来てくださって、沢山写してくださいました!!
(忘れてほんとに良かったな~!) 

このブログだと、一回に3枚までしか送信できないので
何回かに分けてUPしたいと思います。

ハム子さん、本当にありがとうございました。

c0117635_22242254.jpg



c0117635_22245495.jpg


c0117635_22303562.jpg

[PR]
by tukurokka | 2009-09-30 22:29

今日はAMULETに設営に行ってきました。

少し早くついて荷物を置かせてもらい、一番近くの神社までお参りに行きました。
地図の看板を見たら、一つ目の角を曲がったところに教会があるので
そちらも眺めてお店に帰ろうと思い、素敵な教会に沿って歩きました。
中にはいれるのかな・・?と正面玄関にまわったら
月曜日はお休みと書いてあります。
そうか・・じゃ、AMULETに戻ろう・・と振り返ったら
なんとそこに「神田女学園」がありました。

実は私の母は、22年前に亡くなったのですが
この高校の生物の教師でした。
いつもA5の出口に「神田女学園」と書いてあるのを見て
母もここを毎日歩いていたんだな~・・と思っていましたが
学校まで、行ったことは今まで一度もなかったのです。

こちらの方向に学校があるのは知っていたけれど
AMULETから3分で行ける近さとは全く知りませんでした。

私はなんだかもう、どうにもならなくなって
学校の扉を押しました。
中から係りの方が出てきたので
母が昔ここの教師だったことをお話したら
応接室に通されてしまいました。

そしてしばらくしたら
事務の方が出ていらして
「私は先生の教え子です!」と言われました。
私がびっくりして固まっていると
先生は本当に優しい方でした。皆大好きでした!と思い出話を語られ
私は涙がとまらなくなってしまいました。

いつもお花の手入れをしていた、本当にお花が大好きで
学校中の花壇を全部作ったんです、と色々なことをお話してくれました。

私はどうして、ここで私の知らない母の話を聞いているのかな・・と
嬉しいながらもだんだん気が遠くなってきて
そろそろAMULETに帰ろう。。と思いました。

それで事情を話して、又来ますと約束して学校の門を出ました。

設営は初めてのことなので
何もかもわからないことばかりでしたが
最高のお力添えをいただいて無事に終えることができました。
c0117635_047228.jpg

明日から1週間、私は毎日お店にいます。
どうぞ皆様遊びにきてくださいね!
c0117635_0443872.jpg
                   
[PR]
by tukurokka | 2009-09-29 00:39

2006年から作らせていただいていた、ティーカップのブックカバーが
ついに生地がなくなり、あと7つで終了になりました。
今日最後の3つを作っています。
c0117635_21415064.jpg

この生地は、元町のスワニーに行った時、壁にかかっていて
眼に入った瞬間に「素敵だな」と思いました。

えんじと青の綺麗な色合いとカップの柄を眺めながら、
(あのカップが立体だったら面白いのに)
と思いました。

そして1・5メートル位カットしてもらって
帰り道は電車の中で、カップの立体化という変な思いつきを
なんとかできないものかしらとずっと考えながら帰ったのを覚えています。

家に帰ってから紅茶を入れて、それがティーバッグだったので
そうだ、紅茶もブックカバーにつけてしまおうと思い
結局紅茶では塗れると染まってしまうことから
ティーバッグの中にはラベンダーを入れることに決めました。
本がいい香りになったら嬉しいな・・と思う気持ちもありました。

そして出来たときは本当に嬉しかったです。

この作品はコットンフレンドのハンドメイド大賞で
スワニー賞をいただきました。

くりくり展からAMULETに納品をさせていただくにあたって
生地を探しましたが、もう木綿の生地は廃盤で売っていませんでした。

あきらめて、一月ちかくたった時、不思議な夢をみました。
パソコンで私がティーカップの生地を見つけて購入した夢だったのです。
まさか・・と思いつつ
正夢ってこともあるかもしれないと、色々な生地屋さんをパソコンで調べてみました。

本当に不思議としか思えないのですが
その生地が売っていました。
でもそれはキルトがしてあり、値段が木綿の柄の3倍もしたのです。

私は少し考えて
生地が3倍の値段でも、木綿と同じ価格で販売しようと思いました。
そしてできるだけ多くの方に使ってもらいたい!と思いました。

そして即、10メートル購入してしまいました。

まるで絨毯のような巻物が、ダンボールに入ってど~んと家に届き
私も「これはすごい!」とびっくりしました。
私が購入したのが最後だったのでしょうか、それ以降生地は廃盤となり
もう二度と手に入らなくなってしまいました。

そして作り続けて3年たちました。
100はとうに超えて作ったと思います。

皆様に喜んでいただける物を作れてよかったと
今は本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ご購入してくださった皆様、楽しく使ってくださっている皆様
本当にどうもありがとうございました。

最後の7つは来週の個展に持って行こうと思っています。
[PR]
by tukurokka | 2009-09-21 21:41

土曜日は、小学校の運動会でした。
娘は今年6年生なので、これが最後の運動会。
上の息子の時の経験から、これが終わるとすぐに卒業式になり
そのあとはものすごいスピードで、皆大人っぽくなっていきました。

高校生でも本当はまだまだ一人前ではないけれど
できるだけ早く自立して欲しいと思うので
中学の頃から、なるべく息子には手をかけないようにしていたら
それを見ていた下の娘は、息子よりさらに自立心が旺盛で
この調子で行ってくれれば、あと3年位でかなりしっかりするかなぁ~・・と
思っています。

でもそう思う反面で、娘の同級生を眺めていると
男の子も女の子も皆大きくなったなあ・・と
なんだか感無量で嬉しい反面、一年生の頃から見ているせいでしょうか
いつまでもこんな可愛らしい時代ではいてはくれないんだなあと
もう少しだけ、このまま皆大きくならなければいいのにと
少しだけ淋しい気持ちになります。
c0117635_21114466.jpg

娘は高学年リレーに選ばれていたので
夏休み中、気合を入れて早朝マラソンをしていましたが、
残念ながら白組は負けてしまいました。
c0117635_21111155.jpg

私も今回のお弁当は娘のリクエストに忠実に
食べたいと言っていたものを全部作って持って行きました。

閉会式を見終わってから
もう、この運動会も過去のことになったんだなと
とても不思議な気持ちがしました。
[PR]
by tukurokka | 2009-09-21 21:04
個展まで残すところあと2週間をきってしまったのですが
相変わらず会社に行きながら、家事をしながら、バタバタと暮らしています。

私は今回が初めての展示なので
要領もつかめず、予想も立てられず・・(-_-;)←真っ青。

さらには自分の作品とはまた別に
お部屋の飾りつけ、これがどこまでやっていいかわからなくて
相当まごついています。^^;
本当はシンプルな方が好きなので
あまりたくさんやりすぎないようにしようと思いつつ・・
なんか小さなものをちょこちょこと作っています。(汗)


それから飾りつけの一つで
電気の温度上昇によって回転する、エッフェル塔の灯りを作ってみました。

灯りは金属や和紙で作った飛行機の灯りと
布で作ったお花の灯り、そしてトレーシングペーパーで作ったエッフェル塔の灯りの
3つの作品を展示するつもりです。

いつか色々な灯りだけで、宇宙空間とか作れたら
面白そうだなあ・・と思います。
星や惑星の輝きを、色々な色で灯して
思いっきり空想の世界に羽ばたいていけそうな灯りを
いつか作ってみたいです。
[PR]
by tukurokka | 2009-09-15 20:05
昨日は、お友達のヤマムラエツコさんとイワサキミエさんの
二人展を拝見しに行ってきました♪
[西荻窪にあるCafe? gaiieryさんにて、9.6~9・19]
c0117635_23284728.jpg

ヤマムラさんの絵は、本当に優しくて可愛らしいので
昔から大好きで、沢山絵葉書を集めていました。
今回は私の大好きなコトリのモチーフのカードも沢山あって
どれも素敵で、選ぶのに苦労してしまいました。
立体の作品もコラージュの工夫がいっぱいで、とても素敵でした。

イワサキさんの樹脂を使ったアクセサリーも
センスの良さがきらきら光っていました。

カフェもとても居心地の良い空間です。
お近くに行かれた方は是非足を伸ばしてみてくださいね!
[PR]
by tukurokka | 2009-09-14 23:23

菜根譚の本から、いくつか抜粋してみようかな・・と思います。

「与えた恩は忘れ、受けた恩は忘れない」

 人に与えた恩は忘れてしまうが良い。
 しかし、かけた迷惑を忘れてはならない。

 人から受けた恩は忘れてはならない。
 しかし、受けた恨みは忘れてしまうべきだ。


「無心の境地を楽しむ」
 
 試しに、自分が生まれる前はどのような姿をしていたのか
 また自分が死んでしまったあとは
 どのような姿になるのか考えてみるといい。

 名誉や地位、財産や功績にこだわる心はすべて跡形もなく消え
 残るのは自分本来の精神だけである。

 そのように考えることができれば
 現実や世俗を離れた無心の境地を楽しむことができる

うわあああ~!!\(◎o◎)/!
私が生まれる前の姿なんて、想像してもわからない~~!
羽がついていて、鈴虫みたいなのだったかもしれないな~。
又は毛虫みたいに不思議なかたちをしていて
ほわほわ歩いていたのかな~??
うわ~!それも怖い~。
[PR]
by tukurokka | 2009-09-10 23:28
菜根譚という本はおよそ400年ほど前に、中国の学者
洪自誠によって書かれた本です。
日本には江戸時代末期に伝わりました。

作者は儒教、仏教、道教という、中国や東洋に影響を与えた
3大思想について学び、それぞれのたりないものを他から補うようにして
この本を書いています。

私がこの本が好きなのは、厳しくて、それなのに自由でのんびりしていて、
さらには宇宙の真理まで教えてくれるからです。

若い頃に読んでもぴんとこなかったものが
この年になるとじ~んとくるのは、やっぱり年とったのかなあ~!^^;

ちなみに目次のタイトルを見ているだけでもぐっときます♪

「策略を知っていても使わない」
「利益のためでなく自分を磨くために努力をする」
「志を最優先する」
「思い通りにならなくても悩まない」
「与えた恩は忘れ、受けた恩は忘れない」

「すべては幻と心得る」
「本質を理解する」
「立場を変えて物事を見てみる」

「本来の目的を見失わない」
「本質に迫るまで深く学ぶ」
「真にすぐれた人を見抜く」
「常に無心でいる」
 などなどなど・・。

 とてもとてもとても、私にはほど遠い人間像ですが(笑)
こういった形で仕事をしたり、生きることができたら
とてもラクなんだろうな・・と思います。

読んでいくうちに、さっきの落ち込んだ気持ちが
回復して、とても元気になりました。
[PR]
by tukurokka | 2009-09-07 20:24

今日は午後から、ららぽーとに行きました。

以前も書きましたが、今年の春に大好きだった素敵なカード店が撤退され
次に外国の素敵なおもちゃを扱うお店が撤退
9月1日にはユニアートさんという
大きくて品揃えもとても多い
大好きだった素材のお店も撤退されました。

白くて大きなシャッターの前を通り過ぎながら
もう私の好きだったお店は全部いなくなっちゃったなあ・・と思ったら
不覚にも涙が出てきそうになりました。

つまらないな・・もうららぽーとに来ても
何も見たいものがなくなっちゃった・・と思いながら
洋服のお店や靴屋さんを通り過ぎて
そうだ、ここだけはまだある!と
紀伊国屋書店に入りました。

元気のないときは本屋さんに限ります。
なんてったって、人類の英知は図書館や本屋に詰まっています。

皆が大変なこの時代、いい知恵を授けてくれる
識者はどこにいる?

私は昔からひとつだけ自慢できることがあって
素敵な本を一瞬で見つける力があるようなんです。
くるくる歩いて3分。それはすぐに見つかりました♪(*^。^*)
菜根譚 です。

私はこの本の文庫を持っていますが、
原書なのでやはり読み解くのが難しいな・・と思います。
でもわりと若い頃から好きで何度か読んでいた本でした。
この本は現代語訳みたいな感じで、とても読みやすい!
即断即決。こういうときは働いていてほんとに良かったと思います。
欲しい本をすぐに買うことができるのは本当に幸せなことです。
c0117635_19442955.jpg

[PR]
by tukurokka | 2009-09-07 19:44