「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

8月4日~18日
西武池袋店で行われる「くりくり名作展」に
Ma jolieも出展させていただくことになりました。

今日AMULETのほうに、名作展の作品と
AMULETに置かせていただく作品を
納品に行きました。

今回西武に出展する作品は
ティーカップのブックカバー・ユニコーンのチケットケース
スーツケース型ブックカバー・王女のブックカバー
カメラ型定期券入れ・ブーツの印鑑入れ・地球のペンケース
デジカメケース・熊の眼鏡ケース(新巻鮭を捕まえた!編)
お家のキーケース・カメラの定期券いれ付きブックカバー
です。

またAMULETに納品させていただいた分は
ティーカップのブックカバー・デジカメケース
カメラ型定期券いれ・地球のペンケース
ユニコーンのチケットケース
馬の巻尺・フランス語辞書・フランスパリ案内
ミシンのソーイングセット です。

これで少しだけほっとしましたが
まだまだ本のお仕事が残っています。

ビタミンCやブルーベリーのサプリメントを飲んで
もうひと踏ん張り、がんばります・・!
これが完成したら今年の夏がやっと来る・・かな?
海かプールに行きたい。。。
(けして水着になるわけではありません!日陰で水を眺めて
ぼ~っとするだけ。。)^m^
[PR]
by tukurokka | 2010-07-31 22:25
毎日本当に暑い日が続いています。
知らず知らず、私も夏バテしているみたいです・・。

ご飯よりも水分のほうが美味しくて
食事があまり入らないし、なんだかぼ~っとしてるし・・
あ~・・でもぼ~っとしてるのは冬もなのでした。

今日も銀行に行ったらお財布を忘れていて
家にまた取りに帰りました。
「どうしたの?」と娘。
「銀行について鞄をみたらお財布を忘れちゃったの~!(涙)」
「サ~ザエサン、さざえさん♪」
「なんでサザエさん?」
「買い物行こうと町まで、出かけたら~
財布を、わすれて~♪  みんなが笑ってる~♪」

たしかに銀行の人が笑っていたような・・(涙)

そして帰りにハックドラッグに寄って
買い物をしたのですが
本当にドラッグストアってあれもこれも用事がすむようになっています。

あ・・トマトケチャップもある
あ・・無糖アイスコーヒー98円
あ・・サランラップが広告の品で安いのかぁ。。

ひとつ二つのはずが、ついにはケチャップまで腕にのっけていました。
ふらふら店内を歩いていたら
店員さんがかごを持ってきてくれて
「どうぞ~」と言ってくれて
「すみません、ありがとうございます」とお辞儀をしたら
どどどどど・・と品物をみんな落としてしまった。(>_<)
向こうの店員さんまで走って来てくれて
もう何がなんだかわからない状況lに・・。

ああ~、これは夏バテだわ
夏のせいだ・・と思いながら歩くと
なんだか暑くて溶けちゃいそう。

小さい頃、水のかわりにコーラが入ったプールがあったら
飲みながら泳げるんだけどなあって
思ったことを思い出しました。

にんげんようの丁度よい冷凍庫があって
死なない位になっていて
10分位入って、アイスを食べて
また出てくるようなお店があったらいいのになあとか
考えていることもなんだか頭がやられています・・。(+o+)
[PR]
by tukurokka | 2010-07-26 22:52
朝、花にお水をあげていたら、ジュッ!という
油のような音がしました。(@_@;)
最近は朝と夕方の2回、花にお水をあげています。
この暑さの中、薔薇は懸命に花を咲かせてくれています。

もう生きているのもやっとみたいな
炎天下で、植物も人間もほんとに偉い・・。
とくに働いている人はほんとに偉いです~~!!!
こんな夏の日の楽しみは
どうしても飲み物になってしまうのです。

アイスレモネード
麦茶、アイスティー(オレンジティーかアールグレイが最近はすきです)
アイスカフェオレ
なぜか昆布茶(塩分が美味しい)
おいしい冷たいお水
ゼロキロカロリーサイダー
100%オレンジジュース・グレープフルーツジュース

さあ、どれにする??

飲み物を作ってそれから
糸と針とに向き合って
今日もいちにち、がんばります。
[PR]
by tukurokka | 2010-07-25 21:01
今週の名画座は「戦場にかける橋」でした。

第二次世界大戦中のこの映画は
歴史の背景から見ていけばレポート10枚になっちゃいそうです・・。

戦争の無意味さやくだらなさ、それから間違っているところに
いくら意義や目的や価値を見出そうと思っても
組み立てようと思っても
それは無理というもの・・と
人間の無常を感じずにはいられない映画でした。

ここのところ戦争映画がずっと続いていて
軍隊や捕虜や脱走、独房などの場面を見ると
まただ~‘・・と思ってしまいます。

今回も女性はあまりかかわってこない映画でした。
(傷の手当てをしたりする、癒しとしての女性の存在はありました)

ちょっと映画とは外れてしまいますが
男の子と女の子を持つ母親としての感覚では
小さなころから男の子には「闘争」という本能が
どの子にもあるように感じました。
意地やプライド、それを守るときは全部をかけて闘ってしまうような
そんな頑固なところが、3歳くらいからあるように思います。
勿論個人差で、多い子も、ほとんど感じない子もいるのですが・・。

母親は男の子も女の子も同じように大切なのですが
とくに思うのは戦争をして、自分の息子が死んでしまうのは
これ以上情けないことはないということです。

喧嘩もほどほどにしろ~!!という感覚で
戦争をとらえます。
意地も頑固も、そんなのを持っている息子という生物を
生んでしまって、おっぱいをあげて育ててきた親のほうとしては
いいかげんにしろ~!と激怒するわけです。

戦争という時代のなかでは
正しい感覚を持つのは難しいだろうけれど
上層部、そしてさらにその上層部
そこに話をできるようになっていかなくては
目を覚ましてもらうこと
流れを変えていくことは、なかなかできないでしょう。

私は男性という生物ではないんだ・・と
このような映画をみるたびにつくづく思います。
[PR]
by tukurokka | 2010-07-23 17:07
今日も本当に暑い一日でした。

私はどうやら寝不足で(万年寝不足なんですが)
そのせいもあって頭が痛い~。。(>_<)
4時間半睡眠では夏は乗り越えられないみたいなので
今日から6時間睡眠ができるように
がんばりたいとおもいます。。

昨日も今日も、猫が4匹になっているのが怖くて
走っていません・・。
たまたま、今日はチェシャ猫(巻尺)を
作っていました。

あれ・・あの猫に似てるかも・・

c0117635_2182319.jpg

c0117635_2184120.jpg

[PR]
by tukurokka | 2010-07-22 20:53
今日の横浜は35度まで上がりました。
会社でもずっと冷房をつけていましたが
どんなに飲んでも水分が足りない感じです。

もともとよく、水やお茶やコーヒーを飲むほうですが
今日は本当に飲んでばかり・・。
今日も帰宅して夕飯の支度をしてから公園を走り
さて、帰ろう。。と柔軟体操していたら
何か視線を感じました。

芝生の上に光る6個の金色の光。
猫が3匹、草原の羊のようにじっとこちらを見ています。

な、何で3匹!?!?

知らんぷりして屈伸していたら
じ~っと見ています。そのうち2匹が伏せの体制に。

1日めが1匹。2日目が2匹。
そして今日は3匹って~~!!?

かなり焦って、真面目に動揺した私は
今日は本当に屈伸しかしないことにしました。
ムーンウオークを期待していたら、もしまた増えたら困るからです!

猫って、ムーンウオークが好きなんだろうか?
いや、よっぽど不気味だったのか?

私の頭の中は大混乱。
3匹に見られていると本当に緊張します。

2・3分で帰ることにしました。
すさささささ・・と
芝生の上をムーンウオークで帰る私。
猫がびっくりしているのがわかりました。

芝生の上でやっても、できないのですけれど
これはただの後ずさりですけれど、でもせめてこのくらいは。
ごきげんよう・・みなさま・・。


明日は怖いから行かないことにします。
もし4匹に増えていたら
もう怖すぎて二度と走れません・・・。(--〆)
[PR]
by tukurokka | 2010-07-20 22:14
もう2週間くらい前になりますが
本当に変な夢をみました。
夜走っていて、やっぱり心のどこかで怖かったのかな・・。

その頃、展示場を掃除していて
人が行かない扉の下の、スリッパの下に
蛾の死体を見つけました。

誰か男の人が、踏んで退治したのかな?
きゃっと逃げてしまいました。
本当に悪い私は(お掃除は私の役目なのに)
そのままにして逃げてしまいました。

翌週、もうそこにはスリッパはないだろう・・と思って
行って見たらまだあって、おそるおそるよけて見たら
やっぱり蛾の死体はそのままになっていました。

もう観念するしかないなあと
私は箒とちりとりを持ってきて
その蛾の死体をそっと履いて、裏の雑木林に持って行き
草むらに帰しました。

その時、目にした蛾は
薄い透明感のある見たことのない水色でした。
幻想的・・といえないこともない
でも好きないろではないのです・・

何かぞっとするような発色
この世のものではないような不思議な色
別に毒々しい色ではないのに何故なんだろ・・??

同じ蝶なのに。
同じ昆虫なのに。

この自分の中での、どうにもならない
好きと嫌いの感覚に
自分でもすごくとまどいを感じました。

そのせいなのでしょうか
ある晩、変な夢をみました。
知らない女の人が出てきて
「蛾って幻想的で、すごく綺麗だわ・・」
と言いました。
私は好き、嫌いについては
良いも悪いもないと思うので黙っていました。
「そう思わない?蛾も蝶なのよ。区別するのは先入観よ」

でも、私はその言葉に、どうしてもうんとは言えず
(私はそうは思わないんだ・・)と
下を向いてしまいました。

そんな夢を見てしまってから
蛾がいっそう怖くなってしまいました。

もしも私が昆虫博士なら
蝶と蛾の区別で、好き、嫌いなんて言わないだろうから
無知や先入観や、幼いころからの刷り込みが原因なのでしょうか。

でも、この肌に合わないという感覚だけは
好きとか嫌いという感覚だけは、自分ではどうにもならないなあ・・と思いました。

そしてふと思い出しました。
中学時代、私は担任が3年間変わらなかったのですが
その先生は東大の法学部を出て
市立中学の社会の先生になるという
きわめて変わり者の先生でした。
その先生は私の部活の顧問でもあったので
まさに3年間どっぷり・・。

そして高校になってからも、先生とは3年間ずっと文通を続け
デカルトやニーチェやプラトン、日本文学
世界文学にどっぷりつかって(つけられて?)しまったのは
この先生のせい・・いやお陰・・?なのです。

その先生は、蝶々の博士みたいな人で
海外にも幻の蝶々を追いかけて、虫取り網を持って
毎年出かけてしまうのでした。

このおかしな夢のせいで、先生を思い出し
蝶々と蛾について、先生はどうとらえているのか
暑中見舞いを書いてみようかな・・と
思いました。
先生はもう定年を迎えて
確か田舎に住んでいるはずです。

いきなり昔の生徒から手紙が届き
「どうしても蝶と蛾は違うと感じてしまう、その精神について」
問いかけたら、先生は何枚お手紙にして
詩情溢れる回答を書いてくれるでしょうか・・。
[PR]
by tukurokka | 2010-07-19 18:59
私は、展示場で他に誰もいないとき
床に磨き用のモップをかけているときは
たまにムーンウォークの練習をしたりしています。


そして夜のジョギングでは
私の家の前の森は、すっかり真っ暗になってしまいますが
ウオークマンをつけていると全然怖くありません。
もうすっかり習慣になってしまって
疲れもあまり残らず、走れるようになりました。

ある日も4キロ走って、そのあと体をほぐして腕や脚を伸ばしていきますが
無意識にムーンウオークで歩いていました。

するとそこへ!
小さな猫がやってきて、3メートル位離れたところで
わたしを見て立ち止まりました。

あ・ネコ・・と思ったけど
気にしないでムーンウオークで歩いていたら
ネコがびっくりして固まってしまいました。

そのまま続けていたら
ネコはすっかり面白いものを見つけた、という顔をして
伏せ、のポーズをして、じっくり拝見~という様子です。

空には三日月が出ていて
小さな電信柱の光があたっていて
周りには誰一人いなくて
変な踊りをする私と、それを面白がってながめている猫。

誰もいないから、君だけだよ、と
色々と踊ってあげました。
(私は昔踊りを習っていました)

そして今日も、また夜に走って
体をほぐして帰ろうとしたら
あの時の猫がなななんと、友人?の猫を連れて
草むらの上から飛び降りてきました。

私は餌をもっているわけでもないし
どうしたのかな?と思ったら
(あのときみたいに変な踊り、またやるかい?)
というような顔をして、こっちを伺っています。

まさか、そういうわけで来たなんてことないよねえ~・・と
思いながら、ウオークマンで選曲をして踊ってみたら
2匹で伏せをして、眺めているのです。

うわ~!これはよっぽど私が不気味で
猫たちの話題になったんだ・・と思い
とっても恥ずかしくなったので
「もう帰る。」と言いました。
猫たちは、なんだ、もう終わりなのか・・という顔をして
ちぇ、つまんないの・・というような背中で帰っていきました。
[PR]
by tukurokka | 2010-07-19 00:55
昨日も今日も、一日中こもって制作していました。
今日は朝からトンテンカン。
トンカチで叩いて革に穴を開けて、手で縫っていく作業で
ふと時計をみたら、また夕方に・・。(@_@;) 。。

夜の支度はしてあったので、とにかく外に出かけることにしました。
私は変な妄想癖があって、こうして一日黙々と
下を向いて職人の仕事に熱中していると
鏡を見たら、160歳位になっていて
白髪で、シワだらけで、どこに目があるのかわからなくなってたりして
まさに妖怪になっていて、そしたらどうしよう!と思うのです。

髪をとかそうと思って鏡を見ると
良かった、まだ40代だったよ、160歳までには
あと4倍先もある・・と思うのです。(^^ゞ

なんで160歳なのかが自分でもわからないけれど
とにかくすごく年寄りになっていて
それでも中身がこのまんまで
それも困るよなぁ・・と思うのです。

心で屁理屈をこねながら急いで支度して
青葉台まで自転車で行きました。
風も緑も気持ち良くて
汗をかくけれど自転車はとても素敵な乗り物です。

手芸屋さんであれこれと必要なものを買って
帰りに少し寄り道しました。

結局何も買わなかったけれど
セールの洋服を眺めてきました。
最近は洋服やさんも、タイムセールとかいって
50%引きとか60%引きとかをやっています。
八百屋さんみたい・・と思っていると
どうしても売り切ってしまいたいのか、店員さんが
一生懸命に声を張り上げています。

前はこのお店は半額まで落とさなかったのになあ~なんて
思いながら通り過ぎました。
最近は欲しい服がないです。
私は結構、洋服は長くつきあうものが多く
セーターは10年、15年、20年ちかく着ているものもあります。
夏服は安くて手で洗えるものばかり着ていて
それでも何年も壊れてこないので助かります。

ちょっと気になったのはオーデコロン。
お店に沢山あったので眺めていました。
この季節は香水なんて絶対に無理ですので
オーデコロンの石鹸の香りを探してみました。

あった・・!ん??
「女子高生に人気NO1!石鹸の香りのオーデコロン」
そうかぁ~・・と思って香りをためしてみたら
やっぱりちょっと化学薬品風の揮発性の香りで
だめでした。

結局、とってもいい香りの石鹸をひとつ
ラッシュで買って喜んで帰りました。(*^。^*)
[PR]
by tukurokka | 2010-07-18 22:30
今週の名画座は「大脱走」
スティーブマックイーン主演の1963年の映画です。
今回、パピヨンのほうから見ているせいか
マックィーンが若返っていくのが
なんだか不思議な気分ですが
私は晩年のマックィーンのほうが断然好きです。

この映画は第二次世界大戦中、ドイツ空軍の航空兵捕虜収容所から
捕虜が集団脱走(250名)した事実を映画化したものです。

捕虜となった軍人たちは、収容所を脱走して
その捜索にドイツ軍の力を割かせることで
味方前線部隊の負荷を削減するという務めがあったそうです。

なるほど~・・マックィーンは脱走18回目です。
さすがにこれもお勤めだったのかと
ちょっと納得。(#^.^#)

それにしても、この登場人物の役割分担は面白いです。
私がこのメンバーの中で本当に生きていたとしたら
この中でどの役割をやるんだろうなぁと
思って見ていました。

一匹狼のところと根性のあるところはヒルズに似てる・・。
けど、ここまでクレバーな頭脳はないよなぁ・・(笑)

自分の中の恐怖と闘ってトンネルを掘り続けていた男
(チャールズロビンソンが演じていたヘンドリー)
この面もあるような気がする・・。

でもやっぱり一番近いのは
眼が見えなくなった友人コリンと最後まで逃げきった
ヘンドリー(ジェームス・ガーナー)かもしれないなあと
思いました。たぶん、私の配役はこれかな。

最後に有刺鉄線にぶつかって、ヒルズがオートバイごと倒れた時は
本当に無念でした。
でもまるっきりヒルズの眼は降参していなくて
野生の動物みたい。

それにしても、使命のある人間は
何がおこっても非業の死は遂げたりしないんだなぁ・・
なんて思いつつ、最後のシーンを見ていました。
[PR]
by tukurokka | 2010-07-17 12:26