「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

いろいろなことがあったこの2010年も
もうあと三時間半で終わろうとしています。

今年は本当に色々なことがあって
自分でもよく乗り越えられたなあ・・と思うのですが
それはいつでも必ず
助けてくれた友人や仲間たちのおかげでした。
本当にいつもありがとうとしか言えない自分が
悲しくなってしまうのですが
でもやっぱりこの場を借りて・・

本当に本当にありがとうございました。

そして、この拙いブログを
読んでくださっている皆様、本当に今年も
どうもありがとうございました。

なんのたしにもならない日記ですが
また、来年も頑張って続けていきますので
どうぞ遊びにきてくださいね。

2011年が皆さまにとって
素晴らしい一年になりますように・・

                       
[PR]
by tukurokka | 2010-12-31 20:32
私には瞬時の決断力というものが
どうやら相当欠けているようです。
重要なことを決める時、こんなに迷うものなのかと
自分でも本当に情けなく思います。

私の気質を占いで見ると
「虹気質」というものだそうです。
中味が火で、包んでいるものが水なのです。
全く違う、正反対の気質が私を構成しているので
周りも不思議だけれど、実は本人が一番大変・・

中の火が大きければ大きいほど
外側の水も大きくなるので
情熱が大きければ大きいほど
一見冷静なようすになるという
本当にわけのわからない性格なのです。

今回のように、行くべきか行かないべきか?となると
大いに迷ううえに自分の両方の気質の戦いになり
まるで核戦争状態。

でも私は昔サザンの桑田さんが書いていた詩で
「醒めた瞳のひとには、何もできない」というところが
高校生のころから妙に府に落ちる子供でした。

すごく醒めてしまったら
曲も歌も作れないだろうし
そんなふうな人間になりたくもなかったろう桑田さんは
ものすごく冷静な目を持っている人だなと
その頃から感じていました。

友人10人に御意見を聞いていくうちに
もっとわからなくなってきた私。
ゴーサイン、ストップサイン
どちらも本当にまさにそのとおりで
全部が正解だからです。

ということは、
行ってもいいし、行かなくてもいい。
どっちでもいいんだと思いました。

と。いうことは
自分で好きにしろということだ。
それなら、飛行機が飛ぶんなら行けるとこまで行って
記録的大雪のニューヨーク
一人旅サバイバル日記を書こうかと
今度はワクワクしてきます。

ああまずい・・・
私は非常事態が大好きという
へんなところもあるのです。
大地震とか起こったら、ものすごく張り切ってしまうのではないかと
思うのです。(←あんまり死ぬとは思っていないようです・・)

そんな怖い想いと寒い思いをすることは
無謀なだけで意味がないだろう、という冷静な自分と
いや、それでもやっぱり
行きたいところは行こう

そういう自分との戦いです。

ニューヨークの方の掲示板に
天気のことや地下鉄のことなど聞いてみました。
私の行くころには、ほとんど普通に戻っているだろうということ
行くころから晴れになり
帰国する日は小雪の予想だと
教えてくださいました。
[PR]
by tukurokka | 2010-12-30 23:57
今年ももう、明日でおしまいです。

年の瀬になって色々なことがおこりました。
伯父さんが亡くなって、一昨日はお通夜へ。
また、丁度そのころNYに記録的大雪が降り
一日で50センチも積りました。

マンハッタンの3つの飛行場も全て一時期封鎖されて
さすがのわたしも、今行くのをやめるべきか
悩んでいます。

週間天気を見ると、もう雪は降りそうもないのですが
冷凍庫状態になったNYは、セールというのに
人が歩けないので大変な損失だと
朝の為替市場のニュースで言っていました。

NYの100人展にはもうすでに作品だけは
送ってあり、今回は作品だけの参加にするべきかなとも
思っています。

自分の気持ちでは行きたい気持ちが大きかったので
こんな時一番最後まで頼りになるのは
やっぱり友人です。

自分では決めかねるときは
本当に信頼できる友人たちに相談できること
本当に幸せに思います。
[PR]
by tukurokka | 2010-12-30 09:57
今年2月6日から始まった「午前10時の映画祭」

毎週見に行っていて感じたことは
本当にあの瞬間、トーホーシネマズの前を通って良かった
そして毎週見に来ようと決めたことは
最高の決断だったということです。

そして今年上映された中での私のベスト5を発表したいと思います。

まず第一位は
「ニューシネマパラダイス」
見て暫くたってからも、どんどん心を奪われていく
ものすごい作品です。
第二位
「バベットの晩餐会」
これも私にはどうしても忘れられません。

第三位
「アラビアのロレンス」
スケールの大きさでは一番惹かれました。

第四位
「ショーシャンクの空に」
無実の罪。
どんな時も希望を忘れない、執念のすさまじさに敬服しました。

第五位
「昼下がりの情事」
「フォーローミー」「男と女」
この3つは、同じ位大好きです。

私には本当に素晴らしい映画の師匠たちがいて
いつもその仲間にも多大なる御指導を受けています。
本当にありがとうございました<(_ _)>

(来年からは、もっとビデオ鑑賞のほうもがんばって
仕事と勉強と冒険の3本立てをなるべく万全にできるよう
へこたれずに精進いたします(*^。^*))
[PR]
by tukurokka | 2010-12-27 19:54
クリスマスが終わったら
こんどはいきなり師走の雰囲気になって
スーパーはもう紅白の敷物をひろげて
おせちの販売です。

昨日の夕方すこし出かけてみたら
クリスマスなのに、もうバーゲンがはじまっていました。
洋服やさんが40パーセント引き・・という値札をつけて
真剣に販売していました。
うわ~~~(@_@;)

不景気ということで
クリスマスまでに売れなかったものは
当日からセールにしたのかもしれません。

先週初めて知った、ルララ港北というところは
不景気対策のような、庶民の味方大型店の集結店舗でした。(@_@;)

一階にスーパーマーケットOKという、安くて大きな食品&雑貨スーパーが
二階に紳士服のAOKIとニトリという安くて質の良いホームセンターが
三回にダイソーが入っていて、そして1・2・3階にはヤマダ電気が入っています。
さらにサイゼリアとスシローと焼き肉やさかい
保険見直し損保なども入っています。

んま~!これは助かる~~!!
わたしは正直、すごいビルができたなあと思いました。

その時買いたかったものは、そこで全部買えてしまえる位だったし
時間の節約にもなりました。

そして、すべての商品があてはまるとはおもわないけれど
やっぱり商人というのは、自分たちの儲けではなくて
少しでもお客様ために、また
お客様の役にたつようにという気持ちのあるお店が
最後に支持されるんだなあと思いました。
[PR]
by tukurokka | 2010-12-26 17:09
昨夜はワイン4杯で相当よっぱらってしまい
ぱったりと倒れて眠ってしまいました。(^^ゞ

今日はスッキリ起きられて
朝から台所関係の大掃除。
ガス台、換気扇、シンク、電子レンジの中や冷蔵庫の中
食品倉庫の中、そして全部の外側を磨きこんで新品状態までいけるかなと・・
(気合はあっても無理みたい)

6時間労働が終わって
もうだめだ~。。休憩~~とお茶を入れていたら
娘が2時半頃帰ってきました。

意外に早かったねと言うと
一緒に行ったお友達がお財布を落としてしまったそうです。(@_@;)

今日は二人でセンター南まで電車に乗って行って
本当はお互いのためにだいたい同じ位の金額で
プレゼントを探して
時間で待ち合わせをしようと約束したんだそうです。

そしてお互いにプレゼントを交換しようとしていたらしくて
中学1年生のわりにはとっても素敵で可愛いアイデアで
なんだかいいなぁ。。~~♪\(^o^)/

娘とお友達は同じ陸上部で
二人とも英語が好きで
色々な意味でとっても気が合うようです。

マックでお昼を食べて
さあ、プレゼントを探しにいこうと思ったら
お友達のお財布がなくて
それから交番やデパートの案内やいろいろな
所を探して歩いて
やっぱりみつからなくて
お友達はしょんぼりしてしまって
ごめんね、ごめんねと言うので
ココア(缶ジュース)を買ってあげたんだ
それから帰ることにしたんだと
娘は言っていました。

お友達のお財布には
全財産の5千円が入っていたそうです。

可哀そうだなぁ。。。
その話を聞いていて本当に
可哀そうでたまらなくて
それからその子のお母さんに
怒られてしまうんじゃないかと思って
切なくなってしまいました。

でも二人とも元気で帰ってきたし
怪我ひとつしてないし 
よかった、よかったと思います。
[PR]
by tukurokka | 2010-12-25 16:07
横浜は、晴れて日中は暖かなクリスマスイブになりました。

子供たちも大きくなり
サンタの真似をして、夜にプレゼントをベランダに置かなくても
よくなって
ほんとに子供の大きくなるのは早いな・・と
ほんのちょっぴり、寂しい気持ちもします。

プレゼントというのは不思議なもので
もらうのも嬉しいけれど
あげるのも嬉しいもので
あげたい人がいっぱいいればいるほど
嬉しいような気がします。

お金がなくて、皆にあげられるのが小さなキャンデー一袋になってしまっても
それでもあげれる方が嬉しいな

クリスマスなのに
もう心は来年のことばかり・・

来年はどんなことがあるんだろう
どんな人に会うのかな

新しい年、新しい明日が毎日やってくることは
本当に最高の贈り物だと思います。
[PR]
by tukurokka | 2010-12-24 20:03
明日はクリスマスイブなので
今日は娘と約束していた、陸上部で履くシューズを買いにいきました。

一つ上の学年の女子の先輩が、全国大会に出るほどの人で
本格的で相当厳しい部活です。
わざわざこの陸上部に入るために
引っ越してくる人までいるので
特別運動に向いているわけでもないのに
ほんとによく続いているなぁ・・と思います。

毎日朝練があり、土日は4時起き、駅に5時集合で
始発で競技場に行って練習をするので
一番大変なのは子供たちだとわかっているものの
私も正直なところ慢性の寝不足で
いつも目の下にクマができていて
取れなくなってしまいました。(笑)

靴を買って、それからケーキと紅茶を飲んで
一休みして娘とはんぶんこずつして食べていると
昔に比べて本当に話し相手になったなぁ・・と思います。
ずいぶん娘っぽくなってきて
彼女は最近、私のヘアパックをこっそり使ったり
まつ毛の美容液をつけてまつ毛が長くなるか試したり
していたこともあったようです。
(今日、ケーキを食べながら話していました(=^・^=))

面白いのは小さいころと変わらずに
私のことをとてもよく見ていて
スタイリストのようです。
ママはこの色の方が似合うよ。
今日の髪型はダメ。
最近ちょっと疲れているんじゃない?
肌が荒れているわよ。
チョコレートをそんなに食べちゃダメだよ。太るわよ。
もっとたんぱく質を取って!
筋肉量をあげないと代謝が落ちるよ。

まるで厳しいマネージャーみたい・・(@_@;)

私は気ままに好きなものを食べてしまうし
ちょっぴり太ってもあまり気にしないのですが
娘のチェックはすごく辛口で
審判が怖くてたまりません。

でも世の中に、ここまではっきり言ってくれる
辛口の人はいないので
これもありがたいかなあ・・と思います。
でもお母さん役と娘役が逆な気がして
どうしてこうなるのかなぁ・・と悩むことがあります。(-_-;)
彼女はA型でわたしはO型だからかなあ・・。

ま、、いっか・・。

c0117635_2350521.jpg


c0117635_23511087.jpg
c0117635_23511924.jpg

[PR]
by tukurokka | 2010-12-23 23:51
すごく不思議なのですが
イメージ・・私のお友達に降ってきたイメージが
私にも同時に降ってくることがあるようです。
それは、お友達が飛ばしてくださったのか
雨が降るように私にも同時に降ってきていたのか
よくわかりませんが
とってもびっくりしたことがありました。

秋になったころから
何の理由も思いつきませんが
私は無性にイメージで鳥の羽根が浮かんでたまりませんでした。

ふっとした時にいつも、鳥の綺麗な羽が思い浮かんでしまうのです。
小鳥の羽・・そんなものを作れということなのかなぁと
それから色々な絵を見たり、鳥の本を見たり、図鑑を調べたりして
鳥の羽根のモチーフを探していました。
でも、思ったものとはどれもちがって
私は家の前の森の公園で、鳩やからすの羽根を探して歩き
拾ったりもしましたが、やっぱりちょっと違うのです。

羽根ペンも買いにいきました。
グースの白い羽根がついていて、小さなペン先のものです。
一番これがイメージに近かったので、すこしほっとしました。
でも、それから何を作れということなのか、まだよくわからなくて
そのまま暫く時間がたちました。
でもいつも心には鳥の羽根がありました。

ある日お友達のお母様が亡くなられていたことを知り
お手紙とお線香を送らせていただくことにしました。
白い便せんを探して引きだしを開けたら
私の大好きな作家さんで、お友達のjujubeさんの描かれた
鳥たちの飛び立つ絵葉書が目に飛び込んできました。

私はその絵はがきにお悔やみの言葉を書くことは
jujubeさんの絵を描かれた時のお気持ちに沿ったものか
それから受け取るお母様を亡くされたお友達の気持ちに合うかしらと
考えましたが、きっと、大丈夫だと思い、
大切で使えなかった絵葉書にお手紙を書きました。

そしてそれを持ってお線香と小包にして送ろうと家を出て
郵便受けを見たら、jujubeさんから封筒が届いていて
その中に 鳥の羽根のしおりが入っていました。
c0117635_21575350.jpg

それはまさに私が浮かべていた、イメージそのものでした。
jujubeさんは北海道に住んでいらっしゃって、丁度個展を開かれる
ところでした。
カモメがいっぱいの、「FLY」という個展でした。

私はあんまり驚いて、呆然と立ち尽くしてしまいました。
jujubeさんが一生懸命に制作されていたイメージが
何も知らない私にも届いていたのです。
きっと、ものすごいエネルギーだったのだと思います。

そしてそのことをjujubeさんにお伝えしたら
やはり大切な方を亡くされて
その方への想いをこめて個展の作品を作られていたとお手紙をいただいて
またほんとにびっくり・・。

そして私に鳥のシール(全部jujubeさんの描かれた絵です)を
送ってくださいました。
c0117635_21581170.jpg

便せんもjujubeさんの絵がついていて
中を読む前に裏側の絵を眺めてぽ~~っとしてしまうのです・・。

ほんとうに、どうしてこんな素晴らしい絵が描けるんだろうなあ。(ToT)

嬉しくてうれしくて、しおりとシールをそっと並べて
毎日眺めていました。

この世には本当に、神様にお願いされて絵を描いていらっしゃる方が
いるんだな・・と私は思います。
手にするとキラキラキラキラ輝いて
その暖かな想いや大きな優しさが
私の全身いっぱいに伝わってきて、最後はあふれ出してしまうくらいの
深い優しいきもち。

やっぱり仕事の本質は愛なんだ・・
そっと教えてくれるjujubeさんの絵が
私はたまらなく大好きです。
 
[PR]
by tukurokka | 2010-12-22 21:56
息子の影響でケツメイシを聞くようになって
私のウォークマンの中には彼らのアルバムが
全部はいっています。

ケツメイシのなかには、自分の感じ方に
そっくりだな・・と思うものもあり
歌ってみると、男の歌なんだなあ。と思います。

「流れ」という曲も好きですが、
これも本当に男の人の歌だし、
今はやっぱり「旅人」という歌が
あまりにも私の中ではぴったりで
こんなのほんとに不思議だなあ・・と思います。

もしもケツメイシと話したら
すご~く気が合うのかもしれない・・
しかし男の人たちなんだよなあ。(@_@;)と思います。


旅立って ひとりになって 踏み出して 孤独になって
鳥のように 自由になって 丘に立って 風に吹かれて
あきらめずに ずっと歩いて
あきらめずに ちゃんと笑っていこう
ぼくだけの ありのままの旅へ

「ケツメイシ 旅人」より
[PR]
by tukurokka | 2010-12-21 20:13