<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今回の災害からおこった原発の事故で
私は本当に世の中のことを知らなすぎた・・と
非常に情けなく感じています。

色々な情報が入るので
どれを選ぶのかという選択や比較も大切ですが
知っても無駄だとか、自分に手の届かない世界のことと
諦めることはしたくないとおもっています。

そしてさらには
色々な国からも支援をもらって
今後の予想もつかない収束を図ろうとしていますが
そんなことすらも
どうしたらいいかを私も考えています。

いつも考える癖をつけておけば
今までおこらなかったことが次々とおこってくるので
その時に役にたつことも思いつくかもしれません。

いざというときに思考停止になってしまわないように
今は、とにかくいつも考えることを
心がけようとおもっています。
[PR]
by tukurokka | 2011-03-31 22:36
最近ちょっと私の脳みそが緊急事態用に変化してしまって
ボランティア活動に飛んでいけないストレスなのか
思いつくことが、そういったことばかりになっています。
c0117635_20364316.jpg

これがあると便利なんじゃないかなとか
こうすればいいかもとか
これがあったら皆さんよく眠れるかもとか妙に思いつくのです。

それを本当にやっている人たちもでてきて
お~!!とびっくりしたり
喜んだりしています。

こういうときは暖かいものと甘いものを
トラックでまわって配ればいいな~と思っていたら
この道30年のタイ焼き屋さんが
トラックで今日から仕事をはじめたとニュースで言っていました。
すごい!ヽ(^。^)ノ

お店を構えることも素敵だけれど
移動できるお店も素敵です。
ラーメン屋さんも、メロンパン屋さんも
おでん屋さんもみんな行ってほしいです。
B級グルメはほんとに美味しい!
被災地が美味しいもの屋さんでいっぱいになって
みんながお腹いっぱいになって
元気になったらいいなあ。

私がこの横浜で考えていることは
被災地でない場所に住んでいる主婦のひとたちは
停電、食材が足りないなどなどそのほか色々とありますが
これは我慢ではなくて
工夫とすると、とてもとても楽しくなります。

牛乳がないからとりあえず豆乳で料理を作ったら
とっても美味しかったし
インスタント食品をほぐしてスープの具にしたり
なんだかやたらとアイデア料理が思いつきます。

最近は小鳥を背中に入れて
ホッカイロにする節電の仕方を発見しました。
この小鳥さんは、わたしが家にいる間じゅう、
こうやって私にくっついています。
(手仕事の邪魔はしないので助かります)
c0117635_204114.jpg


長めのセーターの時は
裾をくるっと折って、安全ピンでとめて
カンガルーのポケットみたいにしていれておくと
お腹があったかいです。
(小鳥は喜んでずっとでてきません)
c0117635_20411474.jpg

このあと、どういう性格のコトリになるんだろうと
一抹の心配はありますが・・・
[PR]
by tukurokka | 2011-03-28 20:39
わたしのない頭で考えること
それは 
盲信や根拠の薄いうわさに
心を惑わされないために
どんな基準で情報を取り入れていこうかということ・・

人間の愛と勇気と理性への信頼
やっぱり私の最後はここかなとおもいます。

あれから2週間たって
私はただ 言葉がむなしい
そんな気持ちです。

小さいころ、病弱だったので
入院ばかりしていて
優しい看護婦さんに憧れて
看護婦さんになろうかな、と母に言ったら
私は体が弱いから、看護婦はとにかく体力が必要な仕事だから
と言われて
がっかりしたことがあった
と思い出しました。

こんな惨事がおこると
やっぱり医療関係者が役に立つんだな・・と
痛感しました。

それからすぐに活動を始めていた
ボランティアの方々については
心から偉いなあ・・と感じます。
家をほおって、子供たちをほおって現地に飛ぶこともできないし
できることは生活を淡々とやろうと決めるけれど
義捐金しか今はできないことは
本当に悔しいです。

せめて長く長く、今の気持ちを持ち続けて
支援し続けることだろうとおもっています。

そしてこれからの復興には
どれだけの予算がかかるのだろうと考え
また経済のことを考えると
どこにも楽観的な要素はないのだけれど

つくづく大変な状況になっても
それは乗り越えるしかないと思うし
乗り越えられるような気がします。
人間って、いざとなったら
いくらでもアイデアが湧いてくるとおもうからです。
そして、信じられないくらい逞しいものだと
私は信じています。

このあとは
本当は書きたいこともいっぱい出てくるとおもうのですが
読みにきてくださった方が
少しでも楽しいほうがいいな・・と思う私は
しばらく、この天災についての話題はやめて
ことりの話や、ちかくの公園に咲いている花
そんなことばかり載せていこうかな・・と思っています。

みんな、心がとってもとってもつらいと思うから
自分のことを沢山たくさん、労わってほしいと
思っています。
[PR]
by tukurokka | 2011-03-28 12:24
コザクラインコの雛がやってきました。
c0117635_2323955.jpg

この子はまだ摺り餌を
おさじから口に運んであげないとならないのですが
さっきピイピイ騒いで大変だったので
お湯で溶いてあげたら
すごい勢いで食べました。
そして食べるだけ食べたら
眠くなっちゃったみたいで
私のセーターの中にくるまって
眠ってしまいました。
c0117635_2325146.jpg

困った・・・
それからあんまり気持ちよさそうに眠っているので
2時間位、動けなくなっちゃって・・。
[PR]
by tukurokka | 2011-03-25 22:52
私は傘があまり好きではなくて
少しくらいの雨なら濡れて歩くほうが好きです。

でも、今は雨にあたっては駄目なんだって・・

赤い雨が降っているわけでもないし
いつもと同じ雨です。
こんなことは、一月前には想像もしなかった。

会社にいつも来てくれる宅急便さんが
今日も「なにかありますか?」と聞きにきてくれました。

小雨が降っていたので
「ありがとうございます。今日はないです。
雨が降ってきたけど」というと
「僕はいつもずぶぬれですよ」
と笑っていました。
「私も昨日も今日も、雨にいっぱいあたってしまいました~。。
それに傘さして、荷物なんて運べないよね」
宅急便さんは、にっこり笑ってうなずいていました。
「じゃあ、また」
走って行かれる後ろ姿を見ていたら
宅急便さんを守るためのコートや
大きな傘が浮かびました。

何を作るかなんて気にしないで
とにかくアイデアだけは書きためていくつもりです。
[PR]
by tukurokka | 2011-03-24 00:35
どうしたらいいんだろうと
ずっとずっと思っていたら
幸せな未来がわかって
そのあと
ぱっと浮かんだ言葉が
「笑顔」
それから
「和」という言葉でした。

この国の人たちは
もともとが農耕民族で
闘って人と争うよりも
お日様の下でみんなで和をもって暮らすことが
一番似合っていることを思いだしました。

そしてそれはこうして
被災地の方々がみんなで助け合ったり
日本中の人たちが自分の身を切られるようにおもって
駆けつけたり手を差し伸べていることで
これは民族の遺伝子にあるものなんだと
私は感じました

どこか冷たくて
無縁社会になっていていた今までの寂しい社会から
泥臭くても
あったかくて、優しくて、思いやりのあふれた
きっといい味のある
素敵な国に変わっていくと思います

私自身もそうでした
傷つくのを恐れて
本当のことが言えない
自分の心を隠す
かっこつけてしまう
そういうところがあったと思います

でも今できることの第一歩には
まず「言葉」と「笑顔」
というよりも、何もなくなってもこれだけは持っている。
これだけは死ぬまで持っているものだと
気がつきました。

みんなと仲良くして
一生懸命働いて
最高に素敵な未来になると信じています。
[PR]
by tukurokka | 2011-03-20 10:21
こんな大変な事態になってしまいましたが
私はきっと大丈夫だと
そう思います

頑張ろう日本
頑張れるよ日本
神の国と云われた日本なのですから
皆が力を合わせたら必ず奇跡がおこると信じます。
そしてそのみんなの背中は
一人ひとりの守り神さまたちが、ものすごく一生懸命に
守ってくださっているのだと思います

きっとあっという間に
とっても近い未来に
ものすごくいい国になって
素敵な国になって
大切な人たちに囲まれて
幸せに暮らしていることが
ものすごく大きなイメージで浮かぶので

もう大丈夫なんだ・・
私は大きな深呼吸をして
こうして書いています
[PR]
by tukurokka | 2011-03-20 01:51
誰よりも先に
すてきなイメージを描ける人は
そのままスケッチ画にしていきましょう

彩色にして
もっともっと素敵に仕上げていき
小さな花や小鳥も描き込んで

それができたら
形にしていきましょう
できないところは何回も何回もやってみます
きっとできるし
難しかったところほど
できたら嬉しい
今までできなかったことができた時が
一番嬉しい

できないと思っていても
それは間違いで
ものすごく素敵なものができるようになるかもしれない
国もそうかもしれない
素敵なイメージをぜんぶ形にしていこう
一つでも多く形にして
あっという間にかなえよう

この悲しさは全部
最高の未来に変えてしまおう
[PR]
by tukurokka | 2011-03-18 23:42
この先は一番大切なものしか残らない
そして真実のものしか残れないのかもしれない・・
そんな気がします。

命は儚いもので
天国に持っていけるものなんて
形のあるものは何もないんだと思います。

そうしたら、あとは残すだけです
明るい未来への道

もっともっとやさしくて
もっともっと暖かくて、豊かな、楽しい 
素敵なものを一つでもたくさん
残していきたいです
[PR]
by tukurokka | 2011-03-18 00:43
私の手ひとつで
いくつユニコーンが作れるかわかりませんが
ニューヨークから帰る飛行機の中で
ユニコーンを作らなくちゃと何故あんなに思ったのか
今になってやっとその理由がわかった気がします

一生懸命つくらなくてはと思います
[PR]
by tukurokka | 2011-03-16 22:39