<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

最近不思議な夢ばかり続けてよくみます。

テレビをつけると
豪雨の様子
階段を滝のように流れる雨や、道路の灌水
車が半分位雨水の河につかっているのを見るせいか
なんだか幼いころ読んだ、ありえない
「世界びっくり大集合」の本の世界が日常になってしまったせいか
私の住んでいるこの世の方が
幻想のような気がしてしまうからでしょうか。

昨日の夢は天井がもっと上にあがっていってしまう夢でした。
夢の中では、突っ張り棒で天井と支えている本だながあって、
突然天井がぐんぐん上昇してしまい
突っ張り棒が外れてしまいました。
わわわ・・本棚が倒れちゃう~~!!
助けて~~!!
天井がどんどん空へ登っちゃう~~!!と
絶叫して目が覚めました。

天井がミシミシ音をたてて
空中分解してしまい
なんと家の天井がなくなってしまった。
空は神話の世界のような星空でした。

すごい汗をかいて飛び起きてしまいました。

なんだったんだろう・・あの夢・・(-_-;)
[PR]
by Tukurokka | 2011-08-29 10:32
昨日学生時代からの友人二人に会いました。

一人は会社を経営している友人で
彼女の「情熱を行動にうつす」スピードの速さに
とても刺激をうけました。

そしてほんとうに豊かということは
金銭的なものだけでもなく
やりたいことを、やりたいときに
やれる力をもっていることなのではないかとも
おもいました。

もう一人の友達はすごすぎて
人間シンクタンクと表現するほかはないような気がします。
その人自身が、愛、才能、知識、アイデア、そのほかすべての資源の源泉なのです。
創造性あふれる仕事をするその友達は、私の理想でもあります。

そんな友人達と一緒にいると
自分も、もっともっと早く変わりたい!。。。と
思ってしまいます。

しかし・・同じ年で
ど~してここまでちがうのかと!(泪) (ToT)(ToT)(ToT)
[PR]
by Tukurokka | 2011-08-27 21:26
自然のちからというものは
本当にすごいな・・と思います。

たった数時間、森の中にいただけで
まるで病院に一年間入院してきたみたいに
元気になってしまいます。

先日、ふと思い立って八ヶ岳に行ってきました。

c0117635_902622.jpg

c0117635_954247.jpg

森の中にはいりこみ
樹に触ってすべすべの幹を撫でたり
葉っぱをよじ登る虫を見つけたり
可愛い野草
面白い形のはっぱ
そんなものだらけの中にいると
無理をして作ったわけでもないのに
全てが共存していて
お互いに生かしあっていて
それを見るだけ、中にいるだけでこんなに癒される・・
つくづく自然の不思議さに胸を打たれます。
c0117635_905291.jpg

色々な道があるのだろうけれど
私は自然に沿った道が好きです
c0117635_91852.jpg

c0117635_912633.jpg


それはなぜか
無理をしなくていいよ
君はそのままでいいよ・・と
大きな樹木たちが
皆を照らす太陽が
さわさわ揺れる草花が
言ってくれるような気がするからかもしれません。
c0117635_965076.jpg

c0117635_914360.jpg


ありのままでいられることの
自由、そして感謝
こんなに楽なことはなくて
こんなに幸せなことはないと思います

外に何かを見つけるのではなくて
発見するのは自分の中にあるもの
それを引き出すためのカギを
自然は無尽蔵に与えてくれます
[PR]
by Tukurokka | 2011-08-25 08:52
雑誌に掲載していただいてから
随分お知らせが遅くなってしまいましたが
現在発売中のコットンタイム9月号に
災害時対応ように作った
エプロン型バッグインバッグを掲載していただいています。

時は遡ること3月の下旬
6月号の巻頭頁の作品(うちわ)をオーダーしていただいて
その打ち合わせ中の電話のとき
またグラグラ・・っと地震がありました。

「いま、揺れてない!?」
「揺れてます!揺れてます!!」

そこから話は地震のことに変わって
会社に行くときも電車が地震でよくとまること
地下鉄で地震があって怖かったこと
逃げるときは靴も大事だとか
会社に行く時の持ち物は非常用には何を持っているかとか
編集の方と1時間ぐらい話こんでしまいました。

そして、必要なものを全てきちんと持ち歩いている
その編集者さまに感動して
私もつくづく見習わなくては・・とおもいました。(ToT)

でも。。そんな秘密兵器のつまったバッグも
取りに行っている場合じゃないときはどうするか
津波が来たら体一つで即刻逃げなくちゃだめだよね..
という話になり
「やっぱり大事なものは体に身につけてなくちゃダメだわねえ~」ということに・・。

体に身につけるように
災害用ベストでも常に着用する??
いやベストっていっても女性の場合はファッションが・・
それじゃ、美容師さんが腰につけているような
ポケット付きのバッグを作って
そこに七つ道具を隠せるようにしてみるとかはどう??
それならスカートでもパンツでもファッションを選ばないし・・
ということになりました。

そして編集者さまに
ぜひぜひ、この企画を編集長さんに持って行って
災害時用のものを作るページを作っていただけないか
提案してみてください。。(#^.^#)
コットンタイムというよりも、今は非常時タイム!とかなんとか
わたしがお馬鹿なことを言っていたら
やはりそこはプロの素早さ
あっという間にその企画ごと採用になってしまいました。

数日後
あの、例の件が採用になって・・とお電話をいただいて
驚いたこと・・!ヽ(^。^)ノ
c0117635_22153555.jpg

そして二人で考えた
災害時用ポケット(美容師さんふう)を作ることになりました。

入れるもの。
ファスナーのついているポケットに
通帳と印鑑とパスポートなど。
もうひとつの大きめのポケットには
雨合羽。
前のポケットには
眼鏡・携帯・ミニ懐中電灯・鍵・ティッシュ、チョコレートバーなど。

それらを入れたポケットをくるくる・・と捲いて
そのまま通勤用のバッグの中に入れておきましょうという
アイデアです。
いざとなったら、腰に巻きつけて手ぶらで動くのです。
c0117635_22155457.jpg

最近ついつい油断していますが
またこの非常用のバッグインバッグ
せっかく作ったのだし、使わなくちゃ~と思っています。

そういえばこの作品の制作は
義母の葬儀と締め切りが丁度重なり
お葬式の日もつくっていたのでした。
[PR]
by Tukurokka | 2011-08-23 21:21
最近、自分の性格のなかの
弱い面が多々あること、つくづくと感じることが多く
どうやってこれを克服してゆけるだろうと
気がつけば考えています。

私には弱いところ、駄目なところが山ほどあるけれど
一番目につくのは「粘り強さが足りない」ということでしょう。
執着力が足りないというのか、我慢が足りないというのか
いつも楽しいことが先で、コツコツと地道な努力を続けるというのが
あまり得意ではないのです。

好きなことなら、これは努力ではないので
いくらでも・・寝ないでもできるのですが
そうでもないことは、コツコツやることがかなり苦手なのです。

たとえば壮大な夢がある場合
それは見上げると「なんだか気がとおくなりそう。。」という気分になります。
高い山を見上げて「こんな山、マジで登れるかな」
「そんな資格が私にはあるかな」と思ってしまう。
そして腕組みをして
う~ん・・とひたすら考えてしまうのですが
昇る資格がある人になるには
実際に昇ってみせるほかはないのかもしれません。
色々と考えた結果
長期目標を達成させるには
その過程を細かく分けて進めるよりほかはないだろうとも思っています。

例えば医者を目指す高校生にとって
医者になるまでの道のりは、押しつぶされそうになるほど長いことかも
しれません。
でも本当になりたいのなら、障害を乗り越えるだけの価値は
あると思う。

医大受験から国家試験、インターンを経て一人前の医者になる
そしていつかほんとうの実力のある医者になる・・
それは長く厳しい努力の毎日だけれど
ひとつずつ階段に分けて考えれば、遠い目標も
いつか必ずたどりつけるはずです。

指針をぶらさずに、長期目標をひとつづつクリアしていくことが
今の私に一番必要なことだろうと思います。

自分に枠だけは取り付けないで
今は自問を徹底的にすべき時期なのかもしれません。
[PR]
by Tukurokka | 2011-08-19 00:29
最近、電車でお化粧をしている女の子をよく見かけます。
おお~。。。(@_@;)・・と思ってしまう私なのですが
大体が10代から20代までの女性でした。
(一度通勤電車で焦ってお化粧している30代位の方を見かけましたが
きっとこれは寝坊しちゃったんです)

ところが今日は40代位の美しい御婦人が
電車の中でお化粧をされていました。
雰囲気はドマーニに出てくるような大人の女性で
ベージュのニットに千鳥格子のタイトスカートで
大きなバッグを持っている、たぶんお勤めの方でしょう。

私の右に座ったその方は
最初口紅を直しはじめました。

口紅をつけ直す位なら大丈夫でしょう・・
全然気がついていないふりをしていたら
あれれ。。

なんか違う気配がする
あららら・・まつ毛を巻きだしちゃった?
・・パウダーパタパタしちゃった??
ひよっとしてアイシャドウまでって・・

まさか横を見れないけれど
ポーチからどんどん出す手先が見えてしまって
私のほうが下を向いて動けなくなってしまいました・・
こんな綺麗な人が
こんなとこでお化粧しちゃダメだよ~~!(泪)

あ・・でも違うかもしれない。
この人はきっと駅で彼が待っているとかで
時間がなくて、お化粧室に行っている時間がないから
今日だけはどうしてもどうしても仕方ないんだ・・と
色々と想像していました。

でも・・
やっぱり違ったみたい
なんだか違ったみたい。
鏡を見ての~んびりうっとりしてるみたい・・
うわ~ん。(ToT)
そしてその人は
別に焦るふうでもなく
電車から降りて行きました。
素敵な人だったのになぁ・・

その時大学時代からの友人のことを思い出しました。
NTTのコンパニオンのアルバイトをした時
女子の控え室というのはそれはすごかった。
みんなお化粧に白熱中でした。
どんどこどんどこお化粧をして
人形みたいになっていくのですが
小柄で可愛いひろみちゃんという子は「れんげ化粧水」というのを
顔にぴちゃぴちゃつけては,ごしごしとこすって
垢?のようなものをぽろぽろ落として
「これでどんどん色が白くなるんだから」と言っていました。
「あたしは色だけはどうしても黒いからさあ。
どうしても色白になりたいのよ~!」
そうなんだ~~。。すごいね~・・と言いつつ
どこもかしこも右も左も、まあすごい状況で
当時からちょっと変だった私は
えらいとこに来ちゃったもんだ・・とおもいました。

その時半身を後ろにして
下を向いてお化粧をしている子がいて
この子はどんな人だろう・・とすごく興味が湧いて
声をかけてみました。
ブルックシールスばりに綺麗な人なのですが
それだけではなく大変な才媛で、本当に素敵な女性でした。
私たちはあっという間に仲良くなりました。

私のスカウトによって、その時初めて会った彼女は、
今は2人の男の子の母で
そして今でも、私の大切な友人です。
[PR]
by Tukurokka | 2011-08-18 21:36
夏休み中の娘と出かけると
ほんとうに食べてばかりです。
抹茶アイスを食べて
駄菓子屋でお菓子を買って、ベンチで食べて
それからお店に入ってまたコーヒーとシュークリーム。

これからどうやってダイエットしようかなあ・・という娘と
ほんと・・どうしよう~~・・と言いながら
食べるからいけないのです。。(わかっているのです)

暑くて暑くて
ちゃんとしたご飯よりも
アイスとかばかり食べてしまうのは
良くないに決まっているのですが
ご飯をちゃんと食べないと
といいつつ
私が一番誰よりもいい加減です・・・
[PR]
by tukurokka | 2011-08-14 21:14
昨日、父のところに行ったら
娘が来て大喜びの父は
「かき氷を作ってあげるね。美味しいんだよ~」と言います。
何味がいい?と聞くので、娘はレモン。私はイチゴがいいと言いました。
手動でシャリシャリ・・と山もりのかき氷を作ってくれました。
すごいな~・・しかしシロップもオーダーに備えて
揃えていたのかなぁ??と
キーンとしながら考えていたら
今度はスイカを持ってきてくれました。
「暑かっただろう、さあどうぞ」
ありがとう~~
それでは・・と
右手でスイカを食べて
左手でかき氷を食べて
なんだかすごいことになってきた・・。
(しかし勧められた以上は食べねばなるまい。。。)

そして今日、わたしはお腹をこわしました・・・。(-_-;)
[PR]
by tukurokka | 2011-08-09 22:35
企画展でユニコーンをオーダーしていただいた
お客様に、完成次第発送を続けています。
今日も2件発送が完了しました。
大変お待たせして申し訳ありませんでした。

次にブックカバーのお客様の制作に
これよりオーダーいただいた順から制作にはいります。
本当にお時間いただいて申し訳ありませんが
もう暫くお待ちくださいませ。
[PR]
by tukurokka | 2011-08-09 00:50
今日は娘を連れて
父のところに行くことにしました。
難しい年齢の娘を連れだすのには
「大きな本屋さんで本を買ってくれるって」
「それから美味しい中華料理を食べに行くらしいよ」
という案件で決まりです。
これで父も喜んでくれるだろう・・とほっとします。

自転車でもよりの駅まで15分位です。
「先に行っていいよ」と言ったら
娘は赤い自転車をすいすいこぎ始めました。

あれれれ・・意外に早い。。。
ん・・!?あれれなんでそんなに早いの??

あの子の自転車より、私の方が古いんだったなあとか
タイヤに空気があまり入っていないんだわ・・とか
色々とおもうけれども距離が縮みません。

なぜそんなにスピードを出す?
というよりそんなに早いの??
待って・・まって~~~!!!
呼んでみたけれど、私の声は届かない位先に行っちゃった。

しようがないなぁ~~・・と遅ればせながら
私も駅に到着。でも駐輪場のどこにも娘はいません。
まるで小さい子の親のように子供を探して名前を呼んでいると
なんだか無性に腹がたってきました。

どこに行っちゃったんだ・・・(涙)

するとしばらくして公衆電話から
携帯に電話がかかってきました。
娘は駅の改札にいると言います。
さっき改札に行ったらいなかったよ・・
行き違いになったのかな

そして娘と会えたのですが
私もさすがに怒りました。

誰かと一緒に出かけるときに
どうして前しか見ない?
横とか後ろとか見なくちゃ、皆とはぐれちゃうよ
後ろの人は転んだかもしれない。お腹が痛くなったかもしれない。
何か困ったことがおきたかもしれないよ。
どうして後ろを気にしないのか、それがわかんないよ

娘は振り返ったといいます。
そしたら見えなかったから、もしかしたら道が違ったのかと思って
とりあえず駅まで行こうとどんどん先に進んだと言いました。

う・・そういう考え方もあるのか・・
しかし私ならとりあえず止まって待つんだけど・・
というより、そんなに見えなくなるまで振り返らないことは
ない気がするんだけれど。。
何回も振り返って人のことを気にしなくちゃだめだよ~!
もっと後ろの人のことを考えて走らなくちゃ
一人で行く時とツーリングは違うんだよ

娘はうなずいて
「わかった」と言いました。


それから電車が来て
少し硬くなって座る親子。
私はまだちょっと怒っていたけれど、考えてみたら
この娘は昔から本当に男の子のようなところがありました。

習字の書き初めで
「白いはと」と書くときに
大きく書きすぎて
「白いは」と紙ぴったりに大きな字で書いてしまう子供でした。(汗)

中学になってからは
私は男に生まれたかった・・と何回も言いました。
どうして?と聴いたら
「なんか女の人って、みんなきちんとしているけど
男の人は、もっといい加減に生きるのを許されているかんじがするから」
「いい加減に生きる?」
「なんかどういう生き方もできるっていうか」
確かに女の人は、子供を育てたりしなくちゃならないから
好きなように生きられない時期はあるけどね
まあ、それを抜ければ自由自在よ・・と言うと
子供なんか産んでも苦労するだけだから
私は結婚もしたくないし、ずっと自由でいたいと言います。

なんだか心配になって
私を見ていてそう思うのか聞いたら
そういう訳でもないよと言ってスマイルしていました。

つまり私を見ていて、もっと自由度を高くして
生きて行こうと思っているみたいなのですが
どちらかというと私の男っぽいところを
もっとワイルドにしたのが娘の性格のようです。
これはこれで、まっすぐでいいのかもしれない、と
思わないでもないし・・
[PR]
by tukurokka | 2011-08-08 22:53