<   2011年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2011年も今日で終わり
無事に生きて年越しをできること
本当に幸せに思います。

私がいま一番怖いのは、今年の出来事といったテレビで
3・11の様子がテレビに写ることです
テレビで見るまでもなく、ほんの少しでも
思いだすだけでつらいです

今も被災地の方々は毎日本当に大変でしょうし
近県の方々も・・
いえ、関東地方はみんな、農業だけでなく
まだまだどんな職業の方々も本当に本当に大変です。

でも皆、そんなことよりもとりあえず
明るく元気に年を越してゆこうとしている
来年はいい年になるようにがんばろうと思う
その明るさ、逞しさが
日本人の最高に素敵なところだと思い
私も心から誇りにおもいます

私は本当に日本人に生れてよかった
そう思うことが震災直後何度も何度もありました。

来年は、穏やかで良い一年になりますように
ほんとうに心から深く祈ります
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-31 00:17
来年1月7日オープンの押上AMULETで通販がはじまりました。

そして早速ブログで作品を紹介していただいています
http://amulet-blog.cocolog-nifty.com/atelier/

こちらはHPで、サイズや値段なども詳しくご紹介していただいています。
http://amulet.ocnk.net/

本当にありがとうございます。
本の仕事と並行で、フランスに行く前から一生懸命につくりました。

またブログで御紹介した「つる薔薇の灯り」のほうは
店舗で販売される予定です。
もしどなたかのお手元にいくことになれば
その後は御注文をいただいて作っていきたいとおもいます。

新しいAMULETともども
2012年からはMa jolieとして
できること、できるかどうかわからないこと
やってみたいこと あらゆることにチャレンジしてゆきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

















  
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-30 11:04
「素敵な靴は素敵な場所に連れて行ってくれる」
Les jolies chaussures peuvent nous enmener dans les jolis endroits
(訳: Mちゃん。Mちゃんはフランス人の先生にまで確認して聴いてくださいました。
本当にどうもありがとうございました)
の灯りがやっと先ほど完成しました。

今回は本当に
思いついてはしまったものの
どうやって靴を灯りにしたらいいのか相当悩みました。
ヒールの部分だけではつま先まで灯りが回らないので
並列つなぎで2頭電球を仕込んでみようと決意・・。
しかし問題はつま先の部分。
電球が紙につくと焦げてしまいます。
c0117635_23302593.jpg

それで2センチ厚さの板を
掘り下げて、そこに電球を入れてみることにしました。

ヒールの部分はパリで私が歩いた場所
セーヌ河沿い、ポンヌフやボンデザールのあたり
それからエッフェル塔やサンジェルマンあたりの地図を貼ることに決めました。
c0117635_23304038.jpg


地図や茶色い和紙は、灯りがきれいにまわらないので
まず最初に白い和紙で一度全体を貼ってから
その上に地図や茶色い和紙をはってゆきました。
裏はこうなっていて、配線も複雑なのです。
c0117635_23312250.jpg

そして裏に厚みが出てしまうので
コルクで高さを出すことにしました。
c0117635_23313080.jpg

点灯したら、充分に明るさもあったので
本当にホッとしました・・
c0117635_23321468.jpg

心に浮かんだものをかたちにしようと決めて
それが物体として本当に目の前に存在した瞬間ほど
不思議な気持ちがするときはありません。
ほんとうにできちゃった・・という感じです。
c0117635_23322182.jpg


やさしい白熱灯の灯りが
いつまでも残ってほしいな・・とおもいつつ

また思いついたら作ってみたいとおもっています
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-28 23:29
今週の名画座はフェリーニの「道」でした。

この映画は私の中ではベスト3には入るものです。

お掃除と片付けはちょっとそのままで
午前中は映画館に飛んで行ってしまいましたが
やっぱり行って良かった・・
1年間も、今日を楽しみに待っていました。

見るところ、感じるところは
やはり一年前とは違います。

来年の2月には フェリーニの8.2/1 がいよいよ上映です。

今から待ち遠しくて待ち遠しくて
もう眠れないくらいワクワク
その上映されるときを
もう3年間も待っていました。
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-27 20:02
クリスマスにむけて
いつもMa jolieを応援してくださる方々から
沢山素敵なメッセージのカードをいただいて
本当に皆様、どうもありがとうございました。

いただいたカードはどれも涙なしには読めないので
(年をとると涙腺が弱くて困ります・・)
何回も読むのですが、そのたびに胸がいっぱいになってしまって・・
いつもぼ~~っとしているのですが
さらにまたぼ~~~っとしています。

そして今日は
ウサギのフエルト作家さん
フジタイクヨさんからすごいプレゼントが・・!!(ToT)
c0117635_2353362.jpg

うわ~・・ピーターラビットの切手だ♪
可愛いウサギも歌ってるカードだ・・♪とおもっていたら
なんとユニコーンのブローチが。。。
c0117635_23535218.jpg

とってもとっても可愛い顔をしているユニコーン!!

藤田さんは10年ほど前に新潟の美術館でこれを見つけて
どうしても気になって引き返して購入されたそうです。
そんなに大切にされていたものを
いただいてしまって・・いいのでしょうか・・

最近、私はユニコーンを作っている人は
何か不思議なつながりがあるような気がしてしまいます。

実はフランスでも(この後の旅行記で書こうと思っていたのですが)
私の感じているイメージとまさに同じイメージで描かれた絵の
カードを見つけてしまい、腰が抜けそうになりました。

もし、私が絵を描ける画家だったら
そう、これを描きたかったの!というものを
ほんとに描いてあるのをみた時
なんでだろう?どうしてだろう?
どうして私と同じことを考えているの??
まるで雨が降ってきて
同じ雨にあたったみたいに
同じイメージが他の人にも届いていて
それをそれぞれ描いているのだろうか?とおもいました。

私は絵が描けないので
ああいった形の作品になってしまうのですが
心で見ていたものはこれと寸分も違わないと
その絵を見た時本当にビックリをとおりこして
気味が悪い位、理解不能の感覚が込み上げて
まだ実は自分自身では納得ができません。
できたらぜひ、そのカードの絵を描いた画家さんに
お会いして話をしてみたいと
本当に感じました。(外国の方のようです)

藤田さんにいただいたユニコーンは
やさしい、かわいい、人懐っこいユニコーンです!
優しい、やさしい人がつくったのでしょう。

藤田さん、本当に本当にありがとうございました。
大切に大切にします。
ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-25 23:40
馬の巻尺に新しい仲間が加わりました。
ユニコーンの巻尺です。
鞍は羽型になっています。
c0117635_2111655.jpg

今日AMULETに納品しました。
他に、今まで定番で置いていただいていた
ティーカップのブックカバーも納品しました。
c0117635_21113043.jpg

ここからまた、新しい作品を
どんどん作っていきたいとおもっています。
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-25 21:11
クリニャンクールの駅を降りて交差点を渡ってゆくと
そこは世界じゅうのバイヤーも買い付けにくる
クリニャンクールの蚤の市があります。
c0117635_081321.jpg

c0117635_083999.jpg
c0117635_09768.jpg

ここはバンブーの蚤の市とは違って、それぞれが一軒一軒のお店になっていて
要するに商店街のようになっているのです。
そして土日だけ開店することになっているので
おそらく他の日は、他のお仕事をしていたりするのかもしれません。

クリニヤンクールの蚤の市のメインのほうにたどり着く前には
移民の人たちが物を売っているストリートがあって
そこを歩くとまるで日本のアメヨコのように
偽物?あるいは安物?の品物(靴や、アクセサリーや、小物類)を持って近づいてきて
「これいらない?」「これどう?」「これ買わない?」
といったことを言われます。
c0117635_010586.jpg

c0117635_0102878.jpg

いりません けっこうです ノン
ちょっとどいて 
私、急いでいます
しらんぷりです
寄るな触るな、どいてくれ~~!(笑)

・・っといったオーラを全身にだしていたので
私はそうとうすさんだ顔をして歩いていたらしく
帰ってホテルに着いた時、同じツアーの方に出会って
「どうしたの?」と言われました・・
ほんとに疲れた顔をしていたらしいです。
でも、そんな緊張するストリートをこえると
そこは本当にフランスらしい、蚤の市がひろがっていました。
c0117635_0112558.jpg
c0117635_0114535.jpg


c0117635_012439.jpg

c0117635_0372140.jpg

c0117635_0374214.jpg

c0117635_0375783.jpg

[PR]
by Tukurokka | 2011-12-25 00:12
クリスマスイブに接骨院に行くと
うわ~!やはりとっても混んでいました。

先生は電気の接続がきれてしまった私のスイッチを
ぱち、ぱち、ぱち・・っと入れてゆくような感じで
あれれ。。もう首も肩も痛くない
背中も痛くないよ・・
ほんとうに魔法のようです。

原因は甘いものの食べ過ぎによる体の冷えと
寝不足と疲れだったそうです。(>_<)

もっと眠るようにしょう・・
それからおやつを食べ過ぎないようにしよう・・
そう誓ったクリスマスだったのでした。
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-24 23:46
クリスマス寒波が来ているこのごろ
夜は寒さが厳しくなってきました。

今は色々な仕事と並行に
AMULET,そして新しいお店のための作品を並行でつくっています。

困ったのは最近体を痛めたこと
すこし忙しいのが続きました。
首や肩がすごく痛いです。

明日はクリスマスイブですが
朝から20歳のころから私が通っている接骨院に行って
神業の院長先生に治してもらってきます。

ほんとに私の健康は
この先生によって未病の段階で助けてもらって
守られてきたんだなあ・・と思います。
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-23 23:24
フランスの旅行記は年内に終わらせようと
ピッチをとばしていたつもり(これでも)だったのですが
色々なお仕事もかさなって
書けない日も多く、どうやら2012年まで
続いてしまいそうです・・

ほんとに何のたしにもならない日記ですが
長々とお付き合いくださっている方々に
心からお礼を申し上げます。
本当にどうもありがとうございます。

明日から3連休
クリスマスのお祝いで、どこもにぎわっていて
そんな街を歩くと
3月4月のことが嘘のようで
まるで夢でもみているみたいに幸せで
とにかく、本当にほんとうに良かった・・と
まるで奇蹟がおこったよう・・そう思ってしまう時があります。
c0117635_0522726.jpg

皆で会ってクリスマスの食事や忘年会
誰もがそれぞれ仲間と楽しむことができるような
そんな12月がくるなんて
信じられない時期がありました。
ものすごい底力、それから優しさを
日本の国じゅうの人に感じて、日本人に生まれたことを
心から幸せに思ったりもしました。

あのとき、日本の人たちは知らないうちに
「頑張ろう、にっぽん」って心底思っていたし
それが無意識に自然にできる国って本当にすごいと思いました。

諦めない。それから、何があってもそんなひどいことには
きっとならないと信じる明るい心を、きっと皆が無意識の一番底に隠し持っていて
そのおおらかさが一番の私たち日本人の宝だったのかも・・と
思ったりもします。

勿論これから先も天変地異は続くだろうし
放射能のこと、その後始末、これからのこと
課題は山ほどあるけれど
これを乗り越えられるのが日本人だ・・とも信じられるのです。

おろおろ、そしてぼろぼろになって一番情けなかったのは
この私で、周りの友人も、仕事仲間も、誰もがみんなそれぞれに
ものすごくしっかりしていて
ぶれなかったし、本当に素晴らしかった。
私は正真正銘のボロボロで、友達皆に全力で助けてもらって
やっとなんとか生きのびました。

著名な作家があの津波と大地震を
「女子供に見せるものじゃない」と書いていたのですが
私はその期間、ず~っと映像を見続けてしまいました。

こうして皆が普通にクリスマスを迎えることができて
そのことが何よりも本当に嬉しいです。

今年ほど、これほどクリスマスの幸せを心から感じる年は
わたしにはありませんでした。
どうか皆様
楽しい素敵なクリスマスをお過ごしくださいね
[PR]
by Tukurokka | 2011-12-23 00:38