「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

昨日相模原のTさまからサプライズのプレゼントが届きました。
c0117635_2221240.jpg

なんて綺麗なさくらいろ・・!!

このリースは宿り木さんという方が作られたそうです。
やさしい、あたたかい木の実の色が
作られた方のやさしい想いと一緒になって
いっそうやさしい色になっているようです
そしてキャンドルはnicolaさんという方が作られたとのこと
不思議なくらい、木の実のリースとぴったり・・
こんな色がキャンドルで出せるのですね。
ほんとうにすてきです。
c0117635_2223120.jpg

娘の受験、おつかれさまでしたと
素敵なユニコーンのカードにお手紙と一緒に
こんなに素敵なプレゼントを届けていただいて・・

本当にありがとうございました。

どうしても仕事場のナイススポットで写したくて
今日は会社に連れてゆきました。
なんだかどうしましょう というくらい
展示場のしつらえにぴったりなんですけれども。。
テーマカラーにもぴったりなので
ぜひ展示場におゆずりください・・なんて言われちゃうとこまるので
誰にも見せないで、そおっとしまって、
またそおっと持って帰りました。
c0117635_22102110.jpg

いいことがいっぱいの未来が待っているような
すてきな素敵なプレゼント
本当に嬉しかったです
T様、本当にありがとうございました。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-26 22:02
昨日の朝、40球の電飾が届き
電気屋さんのあたたかいガッツのおかげで
なんだか猛然とやる気スイッチが入ってしまい
昨夜は4時まで、今日も8時からずっと制作していたら
40ライトが完成してしまいました・・。(汗)

自分でもちょっと信じられないスピード
今までで最速かもしれません。
お腹がすいていたのにふと気がつき、まとめてご飯を食べて
ブログを書いています。

楽しかった。。。。。
どこか違う時間の世界にいたような気がします。

大陸を渡る蝶々は40球バージョンで
NYまで飛んでいくことになりました。

さて!これから歩いて
散歩に行ってきます。

一度現実にもどってから
次は実験。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-24 15:10
朝早く電球が届き、すっかり元気が湧いてきて
私はとっとと支度して、知らないうちに秋葉原に到着していました。(テレポテーション)
c0117635_22264355.jpg


それにしても面白い街です。
電気屋さんばっかりなんて、存在自体が面白い。
ピカピカ。キラキラ。すごくアジアっぽい。

赤・黒・黄色・緑・・どこもかしこも、商品の色がとても派手です。

電気のパーツというパーツ、部品という部品が
みんな別々の専門小売店になっていて
ちょっとしたものを買おうと思っても
「いや、それはうちには置いてないの、電球だけ。」とか
「うちは端子と電導板だけ」とか言われちゃう。

不思議なことに、この電気専門店街には
男の人の姿ばかりで女の人の気配があまりない。
とくにラジオ会館なんて
小さなLEDライトや電気板や小さな何につかうのか
さっぱりわからないあらゆる部品の数々が
小さな小さな箱に区切られて並べてある店もあり
それをじいっとたたずんで見ている男の人たちが沢山いて
「何がそんなにおもしろのかな?」と私も一緒に覗き込んでみるけれど
やっぱり、何がどう素敵なのか全然よくわからない。

わからないけれどもなんか面白いのは
男の人たちは、あまり顔には出していないけれど
とってもワクワクして見ているようで
すごく時間をかけて眺めていて、やっと買うということです。

これは、女の子が手芸用品店でボタンやリボンやワッペンを探して
とっても時間がかかって、でもわくわくしたり、うきうきしたりするのと
一緒なのかな・・

きっと、あれもこれも買うから結構高くなるから
どうしようかなあ、でも欲しいなあとか、
もしかしたら男のひとたちも、色々と悩んで、考えているのかもしれない・・(??)

そして、無口そうな男の人も、わからない時は男の店員さんに色々と聴いているのだけど
その会話もなんかぼそぼそっとしていて、おもしろい。

そんなふうにお客さんを観察して歩いていると、すごく面白くて
お店もひとつひとつ個性が違うので、あっという間に時間がたってしまいます。
私は今日は電導糸や端子、LED,ボタン電池、リード線や光ファイバーなどなど
見てみたいもの、調べてみたいものがあったので
秋葉原のお客さん観察は午前中で終わらせて
千石電気に行ってみることにしました。
c0117635_22281431.jpg

まず光ファイバーの場所を聞いて
店員さんに「これは光は直進してしまうのでしょう?」と聴いたら
「そうです」と言われるので、何ワットの電球がいいかなあと考えていたら
横を通った男の人がその話を聞いていて
「でも、これを結んだりしたら、また違った光り方をしますよ。
アーティストさんでそうやっている人がいました。あなたもそうでしょ?」と
言われてしまいました。
ばれたか・・
「ええ、わたしも灯りをつくります。光ファイバーを傷つけてみようかとおもうの」
と言うと、やっぱりね・・という顔で、「それは面白いよ」と言われました。
ん?やったことあるのかな?ちょっと聞いてみたかったけれどレジは長蛇の列だったので
長話もできず聞けなかったです。残念。

店員さんもとてもよく教えてくださる方もいて
LED電球の値段の違いは光の強さででてくるとか、全然知らないことを
沢山教えていただきました。

あちこちの店に入ったり出たりして帰るころには
どこかうらぶれた街の方まで歩いていて
なんだかそのうち、未来には人体の配線や
臓器も売っている街ができるんじゃないかなんて
変なことまで空想してしまいました。

鮮やかな色やコードが血管に見えたり
寡黙な男の人たちの様子が臓器売買の商人にも見えて
ちょっと怖くなってきてしまったのでした。

そこでそろそろ秋葉原をあとにして、次は東急ハンズに直行!
私も充分にオタク街道を突き進んでいるようです。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-23 22:26
怒涛のような受験の10日間が終わり
今日は朝寝坊できたらいいな・・と思っていたら
早朝に電話が鳴りました。
宅急便さんの着払い?中味は何かと聞いてみたら
昨日電話した、いつも私のために灯りを作ってくださっている会社から
もう注文したものが届いたということで
びっくりして眠気がふっとんでしまいました。

NYの個展用に空間を彩る灯りをつくることを考えていて
今までの長さの2倍(4メーター・40球)をお願いしたら
もう私の好きな白熱灯はなかなか手に入らないのだけれど
いつも注文してくれるので私のためにとっておいた20球のものがある
それをつなげて作ることができますよ・・と言ってくださいました。

お時間はかかっても全然構いませんのでと
とりあえず40球を1本お願いしました。
もうお値段も聞かず、住所も聞かずに引き受けてくださいました。
それでもまさか、午後に注文して翌朝一番に届くなんて、思っていなくて・・
あれからすぐに、制作してくださったのでしょう。

年配の方でしたが、一流の仕事というのはこんなものなんだと
つくづく感じ、本当に尊敬します。
この流れで知らず知らずに私のモチベーションも上げていただいて
素敵な作品につながるような気がします。

がんばって作ろう、作ったら今度こそ写真を送って作品たちを見ていただこうと
思っています。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-23 09:44
最近思うのですが
少し先の時代のものづくりなどをしている発明家たちは
最初はたぶん、あまり受け入れられなくて
100人のうち、1人でも面白いね、と言えばいい方で
まずほとんどの人たちに
「なんだそりゃ」「へんなの~」と言われるにちがいありません。

しかし、それでもそのままへこたれず
そのヘンテコなものを追求していったら
その3年後はどうなっているのだろう・・

たぶん、失敗と成功を繰り返し、何やら不可思議な物体が
それなりに完成しているにちがいありません。

そうしてその、少し先の未来に出来上がっているであろう完成品は
積み上げた数年間の試行錯誤がなければできないのです。

技術とアートの融合
音楽と詩と映画と手芸とテクノロジー
未来の世界から私の好きな19世紀のフランスへ
行ったり来たりできたらいいな

イメージの世界では過去も未来もみんな一緒で
どこまでが過去、どこからが未来、そんなものは全く関係がなく
心の中の世界に時間の区切りはないのだから
つまりそれは、もちろんできるということ
恐ろしく壮大なスケールになっていきそうです

小学生のころにもどって
父にまた、いちから教えてもらいにいかなくちゃ

c0117635_22184128.jpg

(内容がグレードアップした「成功の方程式」)
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-21 22:19
英文HPに載せる作品を絞るため、色々な画像を見直していたのですが
出てくる、出てくる・・
こんなのもそんなのも作ったんだっけと
驚くよりも不思議な気持ちです。

一番初期の頃に作ったものでも定番になっているものもあって
大半は個数的には相当作ってきたものなので
(ティーバックのブックカバーや馬などはそれぞれ200個を超えて作ってきました)
自分の好みというよりもそういったものを写真で載せて
記録で残しておくのが良いんだろうなあと考えたりしています。

でもこうして見てみると、私にとっては作りたいものの
まだ10分の1も作っていないような気がするのです。
それは本当に良くないことで
あまりそれが続けば自分の心まで病んでしまうので
一つの作品につき、一つしか作れなくても
今後もとにかく作っていこうと思っています。

こちらはAMULETのお庭に完成したスカイツリー!
c0117635_22554359.jpg

すごい・・先端にはネジも使って作っています♪
来年2周年には橋とかも増えてるのかも?

そしてこちらはマドモアゼルYAKOさんのお店です♪
c0117635_22382968.jpg

c0117635_2256161.jpg

灯りたちを本当に素敵に飾り付けてくださるyakoちゃん。

c0117635_22384642.jpg


yakoちゃんの空間装飾のセンスと才能には
いつものことながら、本当に脱帽!居心地のいい、パリジュエンヌのお部屋は
毎日毎日、どんどん可愛らしく変化しています。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-17 22:39
最近、中国からの大気汚染の問題が大きく報道されていて
娘ともそんな話をしていました。

迷惑だなあとか、困った国だなあって思うのは皆一緒だけれど
実はほんの少し前までは、日本だって同じような感じだったんだよ
私の小さい頃は「光化学スモッグが発令されました」って
学校の校内アナウンスを放送委員がすると
プールも中止、体育も体育館になって
皆、外で遊ぶのもダメになっていたんだよ・・と話すと
中学でもそういうことあるよ、最近でもそういうことあるよ、
と娘が言いました。

でも、ちょっと離れた国のドイツなんかにいくと
もう20年も前から原子力発電に変わるエネルギーのこと
こつこつと研究していて、もうすでに他の代価エネルギーで
利益も出せるというところまできてるでしょう。
もしも国が生きているとしたら
成熟している、本物の大人というかんじ
レベルは遥かに日本より上だし、さすがだね

同じまあるい土地の上に
ちょっと離れているだけで、文化の進み具合がちがうと
国の精神年齢も全く違ってしまうなんて、なんか不思議
まるで大学生と、小学校3年生が同席して、委員会活動をしているような感じ
話しが通じるという以前に、もとから次元が違うよね

娘も同感のようでした。

私は中国の公害のこと
例えば若いころ暴走族をやっていて・・あの頃の俺は・・なんて
大人になって家族を持ったお父さんが振り返るようなキモチが
ほんのちょっと心のどこかに、かすかに、日本人にはあるような気がするの。
通り過ぎてきた、思いだしたくない過去のような
もちろん、社会主義だから資本主義とは全く違うけど・・

そこから話は教育の話になり
やっぱりヒトも最近の新型は、感性や感じ方が優れているようだなあと
あっという間に色々と追い越されてしまいそうだし
負けてられないな~・・
娘と話していて感じました。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-15 09:24
以前NYのギャラリーの展示テーマで Yes or No というものがありました。

アメリカらしいテーマだなとその時感じましたが
YesかNoか、それがはっきりしないままで
仕事や交渉事が進むことなど、もちろんあり得ないでしょう。
アメリカはことのほか、ハイかイイエ
好きか、嫌いか、即座に相手の回答を求めてくる国です。

無数のYesと無数のNoがあって、今のわたしたちの仕事が成り立っていて
誰かのその回答をずっと待っているまま、仕事が滞ってしまえば
その仕事はそのうち支障をきたして、あっという間にパンクしてしまうでしょう

察するとか、気持ちを汲む・・などどはいってはいられない
即答を求められるビジネスの世界であればもちろん
たとえば小さな町のパン屋さん、八百屋さん、お花屋さんにしても
仕事であればそれは全く一緒の部分があるはずなのですが
日本のちいさな世界のなか、この国のメンタリティは
そこに「情」が入ってしまうと
何がなんだか、どこまでもわからなくなってくること
許せる、許されると思ってしまうこと

こんなに流れの速い時代になって
縁側で座ってお茶を飲むような感覚で
お客様にゆったりとした時間を味わっていただく接客はできても
それを日々の経済や、仕事関係の相手に向けていれば
あっという間に淘汰の道に入り込むほどシビア


お客様に向ける顔や感じていただく時間と
仕事の顔や、回す時間は次元がちがうということ
一瞬でどちら側にも立てるということ その両輪の頭をもつことは
じつは昔も今も商いをする上での
基本中の基本だといえるのかもしれません。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-11 21:13
以前、「成功の方程式」というブックカバーを作りましたが
それもHPの作品に残そうかな・・と思ってからふと
そうだ、進化形でもうちょっと難しい数式でいいのがないかなと
思い立ち、息子に聴いてみました。

トントン・・
しつれい♪
なんか綺麗な数学の公式ないかなあ
左右のページで収まるくらいのがいいんだけど
個人的には式とばして答えがいいんだけど
それだと模様が埋まらないから、丁度いいくらいの長さがいいの

なんだそれ
意味わからなくてそんなのありか
じぶんでいいとおもうのみつけたら

なにか好きな公式ないの
かっこいい公式と定理あったらおしえて
模様のかたちとバランスの素敵なものを探してるの

なんだよそれ、模様じゃないぞ
じぶんでさがして
はいこれ、はい、はい

そして息子に数学の本と参考書を借りました。

中を見ました。

・・・・・・・・・・・・

。。。。。。。。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は脳から鼻血を出し
脳卒中で気絶しました。

ナンデスカコレハ ナンデスカ

ドコカラドコマデがモヨウナノ?????
c0117635_2252698.jpg

ロピタルの定理
テイラー展開
ライプニッツの公式
ヤコビアンJ
重積分?
???
トロピカル風の定理?
ロバートテイラーの展開?
アーモンドプリッツの公式?
ボンゴレビアンコ ジュニアサイズ?
お重に入った積分?

わかりません
こんなのわかりませんよ
ナンデスカコレハ ナンデスカ
c0117635_2254897.jpg

おれもわかりません

おれもわかりませんじゃないでしょ

わかりませんすうがくわかりません

ええええ~~~!!!!!!

だがしかし、こんなのわかる方がどうかしてる
こんなのわかる方が頭へんとおもう
だからわからなくてもいいや。いいや、もちろん。
いいとも~~♪♫♪

まてよ、それでいいのか?

だめでしょ、キミはそんなことじゃやばいでしょ
単位落としたら終わりだよ、わかってるよね!!

そして息子の本の中から
一番綺麗そうな模様をノートに書き写す。。。

きっとこれは、素敵な物語になっているのだな・・と
なんとなく思う。

いつか数式で、Ma jolie展開・ というのを作ってみたい。
アーモンドプリッツを割って、湯せんで溶かして
トロピカル風にして、ボンゴレビアンコのデザートに
ロバートテイラーに食べてもらうのだ。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-09 21:57
今日は3月下旬のあたたかさ、20°位になるでしょう・・と
お天気予報で言われてびっくり!
それじゃあコートはいらないと
セーターとストールだけで外出したら
結構寒い。。。

昨日だって雪が朝から沢山降って
震えながら会社に行ったのだから、当たり前だったけど
これじゃ皆油断するから風邪をひいちゃいます・・

交差点でダウンジャケットを着て歩いてるひともいて
さすが,慎重派はチガウ。。と思って
明日からはまだまだ厚手のコートを着ていようと思いました。
[PR]
by Tukurokka | 2013-02-07 18:51