<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

睡眠不足がたたったのか
風邪をこじらせてしまいました。
GW前に薬をもらったけれど、さっぱり治らなくて
今日はもう、薬を飲むのをやめてしまいました。

c0117635_10135825.jpg

c0117635_10155364.jpg

でも私に時間がたりないのは
それはきっと、どんな時も遊び歩いているからに違いなくて
仕事と遊びの優先順位が同じ位置にあることが
もしかすると大変になる原因なのかもしれないけれど
でも、これはもう仕方ないな~

いいときも、わるいときも
どんな時でも楽しんで生きていたい
c0117635_10171057.jpg
自分の好きなことをとことん追及して
そのプロセスを楽しむことが
わたしにとっては最高のしあわせ

でもその最中には色々なことがあって
いい時もあるけれど
最低の時も どん底の時もある

でも、そんなことをいっていたら
人生の、いい時しか楽しめなくなってしまいます


一番意味がないとおもうこと 心配 それから不安
どれだけ抱えても、何も進歩も改善もされないから
でもそれをぐるぐる巻きにまとって
つけもの石みたいに重たくなってしまう女の人って
年を重ねるごとに多く、周りで見かけます

せっかく生きているのだから
この瞬間を悩むことではなくて
楽しむことにつかいたい

c0117635_10182390.jpg

c0117635_1029174.jpg
c0117635_102992.jpg

c0117635_10291823.jpg

朝4時起き 高速をとばして日帰りで八ヶ岳に行ってきました


澄んだ空と空気
植物と樹木と山があるだけで
100日病院に入院するよりも元気になります

芽が出るのに8年もかかるカタバミのお花を発見しました
きれいな透きとおるような紫いろ

馬にも会いました
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-29 10:08
群馬県立美術館で4月20日~6月16日 まで
グレゴワールソロタレフの世界展 がはじまりました。

こちらの展示にともなって
Ma jolie の作品もミュージアムショップのかたすみで
販売させていただくことになりました。
楽しいことの大好きな
馬やユニコーンも行かせていただいているようです

お近くに行かれる方は、ぜひ足を運んでくださいますよう
よろしくお願いいたします
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-24 00:25
昨日も没頭していて12時間
今日は8時から今気がつくと6時間
気がつくと時間がたっていて、ほんとうにびっくりします。
自分の中ではまだ2・3時間位しかたった気がしないので
まるで夢のようです。

作りながら説明用の手順の写真を写しているのですが
皆が作る時、もっとわかりやすく作れないだろうかとか
本当に考えてしまいます。

それ以前に、私の考えた回路で本当に電気がつくのか
こうなるはずであろう・・という仮説のもとに
回路を組み立ててみます。
出来てしまえば、そんなに難しいことではないはずなのですが
手芸に組み込むということは、手芸の技法で回路を隠せるのかということと
それで回路がちゃんと通るのかということ
何故か完成すると回路が途切れてしまっていることも多く
そこにデザインの問題が入ってもくるので
私の、たいして入っていない脳みそのカロリーを
相当使っている気がします。

手芸に使える電気の通る伝導糸
でもそれはやはり不安定なのは仕方がないと
秋葉原のフクロウお兄さんが言っていましたが
確かにこれが限界かなあと思う試作品の数々・・
作品としてはともかく、伝導糸を使用したものは
販売用には難しいと感じています。

そう考えると、使える電気の素材は限られてくるので
販売用にもできる作品を
新しくデザインから考えるきっかけにもつながっていきそうです
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-21 14:42
作品作りの時間がせまっているのですが
なかなかそれにぴったりの小さな布たちがなくて
どうしようかなぁ・・と悩んでいました。
たまたま、メールをくださった私の師匠、藤田育代さんにご相談したところ
作りたいもののイメージをお伝えしただけで
即座に、それならカントリーキルトマーケットさんはどうでしょう・・?
それからピンドット、アーリーズプリントさんは??と教えてくださって
早速行ってみることに。
小さなものをつくるとき、やはり小さな柄できれいな色合いのものを
探したくなるものですが
このお店はまさに、その願いを全て叶えてくれるような品ぞろえでした。
c0117635_23191177.jpg

とくにきれいな色合いでびっくりしたのは
ピンクと赤のコーナーでした。
素敵な色や柄の小さな布がいっぱい!
その中から、結局自分の好みの柄を手にしてしまうことに
気がつきました

これは作品に使えるかなぁ?
それとも全く関係ないものに使うことになるのかなぁ??
ま、どっちでもいいかな
100円と200円だからやっぱり買おう

。。。ということで
本当に久しぶりに生地屋さんで血が騒ぎ
夢中で選んでみたら
とってもピンクと赤などの色が多かったです

血が騒ぐ布のお店って最近すごく少なくなって
昔は鎌倉スワニーのセール
リックラックのセールに行った時は
気がおかしくなってしまいそうに興奮したものですが
実店舗が減ってしまった今
実物の存在感と質感で語りかけてくれるお店は
ほんとうに少なくなりました。

生地を生かして作る作品というのも
面白いだろうなあと
眺めながら考えています
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-19 23:19
私は一日に何杯も、珈琲や紅茶を飲むのですが
最近は娘の通学が1時間半以上かかるようになったことから
5時半にはご飯とお弁当をつくらねば
親子ともども、間にあわないという事態が発生・・
遅くなってからの紅茶は、眠りにくくなってしまうので
カフェインフリーのものを 夜7時以降は飲むようにしています

それも少し少なくなってきたので
新しい味の眠れる紅茶を買いたいなあと思っていたら
とっても可愛い紅茶を見つけました!
c0117635_2350826.jpg

Sleepy time  という名前の紅茶
この暖炉の前でうとうと眠っている熊さんの絵に釘付けになってしまいました

向こうのテーブルの上にある、レトロなかたちのラジオ
足元には寝そべっている猫
ソファの横には、ティーポットとジャムとスコーンと紅茶
暖炉の火があたたかそう

そして横には、続きの絵が描いてあります
c0117635_23504947.jpg

お母さんが、右手に娘の熊の手をひいて
左手で息子を担ぎあげ、さあさあ もう寝ますよ~とお部屋に連れていくところ

最後の絵は子供たちが同じベットで
ふかふかの枕で嬉しそうに眠っているところです
イギリスらしく、毛布がパッチワークでできています
c0117635_23584796.jpg

うわ~。。。なんて可愛い、これ欲しい!!

カフェインフリーの紅茶を探しにきて
こんなに素敵な紅茶を見つけられるなんて...

そしてよく読むと、発売40周年記念だから
素敵な缶をプレゼントと書いてあります。

ドキドキしながら開けてみたら・・
c0117635_23511833.jpg

白い袋があって

そのなかに、こんな可愛い缶が入っていました!!
c0117635_2351352.jpg

中の紅茶を入れるとぴったりのサイズ♪
c0117635_23545470.jpg

うわ~
もうほんとにこれはもう
嬉しくてたまらない~!!

嬉しくってうれしくって
子供みたいに、さっきから何回も
出したりしまったり、何をいれようかなあ
やっぱりアクセサリーケースにしようかなぁ・・と
ず~っと考えています。
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-14 23:52
昨日は再び秋葉原のお店に行きました。
c0117635_1826461.jpg

ハンズでも手に入らない電気の部品、あらゆるものが
ここでは見つけることができます。
先日来たときに比べて平日のせいか
レジが行列していることもなく
部品の選び方やスイッチの数々
私のわけのわからない質問にもお店の方が
すごく丁寧に答えてくださったり、一緒に探してくださったり
考えてくださって、本当にどうもありがとうございました。

何でも電気のことがわかるお兄さん
眼鏡をかけていて、背がたかくて、すごく頭がよさそう・・
とっても感じが良いハンサムな整った顔立ち

誰かに似てる。・・しかし誰かな・・誰だったろう?・・と思ったら
~~~~!!!!!緑のフクロウです!!!!!

うは~~~~~
まさか自分がつくったフクロウさんと
同じ顔の人がこの世にいるなんておもわなかった
c0117635_182831100.jpg

フクロウたちは、実は、背の高さや、太さ加減が
全員ちがっています
基本の顔は一緒なのですが
目のつけどころが(目の位置です)
ちょっとだけ違うのです。
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-13 18:24
会社がない日は、一日13時間制作などという日もあったけど
なんとか作品が16個完成し
昨日発送することができました

フランスの絵本作家さんなので
フランス語辞書(3色各2個づつ)もつくりましたが
写真はうっかり撮り忘れてしまいました

フクロウやりす
AMULETの納品のために作ったユニコーンも
郵送する前に一緒に写したら
なんだかおかしなストーリーに思えて笑ってしまいました。。。

c0117635_9494029.jpg

ぼくたち、森で一番賢い仲間ということで
皆さんの困った時の御相談役をしています。
森のことなら何でも一応知っておりますけれど
そのほかに専門分野ってものも
それぞれにありまして・・

新女子高生のリスちゃんたちがやってきた
c0117635_9495569.jpg

「きゃ~~!!その素敵な本は何ですか!?」
「見せてみせて~~!!お勉強した~い!!」
「これですか・・?」
「これはですね・・・」
「むずかしいですよ・・」
見せちゃいますか?・・
c0117635_950487.jpg

Movie ・Art・ Music・ Newton 

「ニュートンて?」
「むーびーって??」
c0117635_9502058.jpg

そこへもうひとり、可愛い女子高生がやってきた
「みんな~!そこのお店で、ホイップクリーム入りのドングリがあったわ~!!
並んで買っちゃった~~」

「えっえっ!!」
きゃぁ~~!超おいしいわぁ~~」
c0117635_950472.jpg

「行きましょうかね・・」
「行きましょうか」
「学問より女子はお菓子が好きなのは古代からの決まりですな」
「ではでは ごきげんよう」

c0117635_9505758.jpg

「おお!!」
「これはなんでしょうか?」
「白いうまですが、角がついていますよ」
「幻想の世界の生き物でしょうか?しかし作りものではないようだ」
「いや、まさに我々4人が同時に同じ夢を見ているのでは」
「初めて見ました。とにかく落ちついて、まずは測ってみましょうか」
c0117635_9512146.jpg


結局、最初にスリーサイズを測られてしまったユニコーン。
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-12 09:48
つねづね思うことは色々あって
ひとつは、どうも日本の国のひとたちには
少ないなあとおもうこと、それはユーモアの分量。

(じつは私は、ニンゲンにとって、愛と同じくらい大切なものは
ユーモアだとおもっている、ユーモアぼしからやってきた
ヘンテコうちゅうじんなんじゃないかとおもっている。)

もちろん、大切なお仕事の最中は
大真面目に取り組んでいただかなくてはならないけれど
超、ストレスフルな難易度の高い、重要なお仕事をされるかたほど
集中の終わった時間には高度なリラックスが必要なんだと思う。

それから、病気や怪我などで闘病中の
動けなかったり、痛かったり、頑張って治療に励んでいらしゃる方々にも
溢れるほどのユーモアが治療薬として必要だと思う。
何故だか理由はわからないけれど、いつもそう思う。

それにユーモアの溢れる性格の人たち同士は
まずたいした喧嘩にならない。
それを見ていて感じるのは、すごく知能程度の高いひとが
ユーモアの達人になれるということ
ということは、ユーモアを磨けば、知能指数もどんどんUPできるのかな?

切羽詰まったら、一発 ギャグをとばせれば、まだまだ大丈夫
限界の壁はぶっ壊れ、遥かかなたまで進んで行ける。

ただ、あまり風刺がはいってしまうと、ちょっとひねくれて
そこから喧嘩もおこりかねないから
この辺の兼ね合いは難しい
別に喧嘩しちゃいけないという訳ではないのだけれど
基本的に、平和で楽しい方が好きなので
できるだけ平和的解決することを旨としている

私は人をはかるものさしは肩書でも、それから学歴でもない。
その一般的な尺度は私には全く意味がなくて
どんなに偉いとされているひとでも、有名人でも地位や権力があろうとも
全く心を動かされない。

私が動かされるのは
そのひとが、楽しく人生を生きているかどうか
その心にユーモアがあるか
最強の仕事上の壁が立ちはだかった時に
その自分すらユーモアの目で見ることができるか
最後はその力も利用して、多くの人を楽しませることができるか
もしかしたら、そんなところなのかもしれない。

責任のある重大なしごとをやって
さらに独創的なしごとをどんどんやって
さらに生きている瞬間はユーモアで暮らす。
恋人とはもちろん四六時中楽しく過ごす。

そんなふうに生きることは、ユーモア星の生まれのうちゅうじんには
最高の憧れだったりする。
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-06 23:59
今月の半ばからフランスの絵本作家 グレゴワールソロタレフの作品が
美術館で展示されるのですが
その時に少し私の作品も花を添えさせていただくことになりました。

ウィットに富んでいる素敵な大人が
子供のために、ちゃんと絵本を描いたらどうなるだろう
昔から常々考えていたことでもあるので
その作品を読んでみると
ああほんとうに、文章というのは自由自在で楽しいし
そこに絵までつけることができれば
まさに表現しきることができるのだなあと心から羨ましく思います。

いつか、もっと先
私も子供たちのために抱腹絶倒(?)の物語を書き
それはもちろん、子供たちだけのものではなく
大人が読んでも大真面目に面白いもので
登場するものを、なんとか拙い手芸で作り
絵は描けないわたしだけれど
みんなの宝もの(心の)になるような
本を書いてみたい・・・

これは何年後にかなうかなあ・・
それにしても、歳はとるものだなとおもうのは
年々書きたいテーマが増えてくるということです


そんなわけで、早速今日から展示用の作品をつくりはじめました。

c0117635_0221671.jpg

[PR]
by Tukurokka | 2013-04-05 00:22
きのう、旅行会社に行って、NY行きの航空券を購入してきました。

8月4日発 帰国は13日です。
まずは一番安い飛行機から探してもらいました。

最安値のデルタ航空、二番めに安かったANA
悩んだ末、2011年の旅で奇蹟のおこったANAに決定。
たった一人のNY,10日間(実質NYにいるのは9日)
私の、長年の夢がほんとうに本当に、かなう時がくるんだ・・!!とおもいます。
目的は初めてのNYの個展だけれど
ギャラリーの方が在廊していてくださるので
接客はお任せすることにして
オープニングレセプションの日以外は、NY中をくまなく探検してくるつもりです。

見られるものは全部
見てこようとおもっています。
[PR]
by Tukurokka | 2013-04-02 21:59