<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

10月24日のルーブル美術館の展示に向けて、格安の航空券を探す日々。
なんと、エールフランスよりも、ANAよりも、JALで最安値を見つけました!
嬉しい~・・!!
とにかくチケットだけはおさえておきたいので、月曜日にでも振り込みするつもりです。

ルーブルで一日、そしてできたら、やっぱり私は
クリュニー美術館に行きたいな・・。
NYのクライスラー美術館で出逢ったユニコーン、そして先日
新国立美術館で出逢ったユニコーンのふるさとです。

今度はどんな出逢いがあるだろう・・
本当に10月が楽しみです。
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-28 21:45
前回のギリシャ戦は、なんともおかしな気分が残る試合だった。

なんかおかしいな・・
点がとれるチャンスは沢山あったのに・・
それが最初に感じたことだった。

なんだか優等生のゲーム運びのようで
全く面白味がなかった。
後からはっと気がついたのは、それだけ
本田選手の力でまわってきた運とツキと勢いのチームだったと
いうことだ。

彼のような異色のヒーローが
ひとつのチームに2人いたら・・・

鎖をひきちぎってしまうようなプレイヤーは
やはり必要だ。
そしてそれは複数必要なのだ。
一人だけでは足りないと感じた。

本田選手は、本来引きちぎるような選手ではなく
おそらくはイチローのような完璧な職人であり
自ら猛獣のように変化させたのだと私は感じる。

だからこそ、もうひとり
彼と同じだけの高みに上り詰めたプレイヤーがいたならばと思う。

そしてどんなことがあっても
最後まで応援しているサポーターたちのこともまた
私は応援している。
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-23 13:06
FBとツイッターとインストグラムとブログの4つの窓口を使用するようになってから
ますます、書くことの短略化が進んでしまって
自分でも言葉を使い捨てにしているような気がして
ダメだなあと感じています。

2004年に始めてもう10年目のこの古いHPも
結局はブログの更新が毎日あったからこそ
皆さんに読んでいただいていたのだと思うので、
これを機会に、やはり私の日常的なことを書くのは
このHPのブログのみにしていこうかなと考えています。

日々感じる様々なことは
アートに限らずいろいろありますが
情報の提供にとどまらないことは
やはり少し時間がかかっても
私の心の流れのまま
書きとめていくつもりです。
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-20 15:13
ルーブル美術館『明日の巨匠展』に入選しました。
パリの、あのルーブル美術館に10月24日から三日間だけですが
私の作品も展示していただけるなんて・・。

昨夜お知らせをいただき、夜は眠れませんでした。
募集のカテゴリーに立体はなく、前代未聞の無謀な挑戦だったと思います。

今回私のためにカテゴリーを作っていただいたことで
後に続く私の後輩達に
しっかりバトンを渡してゆければと願っています。
最初に歩かせていただける幸せと喜びをかみしめ
挑戦して良かったという未来を必ず作ってゆきます。

http://www.holbein-artistnavi.com/artnews/koubo/art/22108.htm
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-12 12:21
今年は急に物事が展開するようで
八月末からドイツベルリンのギャラリーで展示させていただくことが決まりました。
ドイツの方々の厳しい審美眼に合格し
反応が良ければ、ロングセラーとして作品の販売を継続してゆくとのこと
NYブルックリンの次にドイツのベルリンにも、私の第二の故郷ができますように。。
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-12 12:16
次の本のための制作中。
なんだかだんだん工作の先生みたくなってきた、、
手も顔もペンキで真っ白。。
ペンキなくなっちゃった。買いに行かなきゃ。。

(6月3日 FB )
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-12 12:14
渋谷西武デパートで本日もワークショップを開催しています。
バレリーナ、伝書鳩、金魚に続き本日は妖精のモビールを制作中です。
自分でもどこまで小さく細かくなるのかなとドキドキしてます(≧∇≦)


今月は三週連続でワークショップがありました。
できることなら毎回違ったものをプレゼントしたくて
バレリーナ、伝書鳩、和風の金魚の次は森の妖精です。??✨
こないだ家の前の公園でこんなふうなものを見てしまったような気がするのですが
あれは幻、それとも虫だったのかな、、。
れにしても動くものを写真に撮るのって本当に難しい。
スポーツ写真を写すカメラマンさんの反射神経は運動選手以上だとつくづく思います。

(5/29日 FB)
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-12 12:11
西武の方に、マジョリーさんはギフトに向く気がすると言われ、
流石だなあと一発で見抜かれた思いがしました。
何が好きって私が仕掛けたいたずら(?)で、職場や友達や恋人や
色んなところで事件がおこって
皆が笑ってうまくいったら最高!という気持ちが根底にあります。(笑)

勿論それだけで作品を作ることはないですが
いつでも頭の中でわたしの作品を使って下さった方々が
ああなって、こうなって、超うまくいったらいいな〜!(≧∇≦)??というミラクルハッピーな展開を
漫画のように山ほど考えてしまいます。

(5/24 FB)
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-12 12:07
小鳥のLove letter(別名 /届けラブレター大作戦!)は西武の方が名付けてくださいました。
ひょうたんからコマのような展開で、以前ワークショップのために考案した伝書鳩の
鳩と、ラブレターの部分だけ、カードとして売り出してみてはどうかと
西武の方々にアドバイスいただきました。
なるほど・・と思って即制作!
昔から動きの速さだけは誰にも負けません(笑)
そして小鳥に託した想いを、あっという間に可愛らしいイラストと文、
さらに漫画にまでしてくださった高田ナッツさん??本当に本当にありがとうございました!!
皆さん、内容は是非渋谷西武デパート七階に
ぜひ読みに来てくださいね!!

(5/23日 FB)
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-12 11:49
なぜピカソが好きになったかというと。
八年くらい前、アーティストの友達がピカソについて講習で習い
その日びっくりしてメールをくれた。

『ピカソが描いた二人目の奥さんの絵の下にMa jolieって書いてあったよ。
まさか前世結婚してたとはね!』

えー、そんな記憶はないけどな、、とその絵を探したら本当にMa jolie って書いてあった
でもその頃はキュービニズムの頃で、その若く美しき夫人は
サイコロキャラメルが沢山乗っかっているような物体だった。。。( ̄◇ ̄;)

私は想像した。画家の恋人と結婚し自分の絵を描いてくれるとなれば
すごく綺麗に描いてくれるんじゃないかしらと女なら誰でも思う。
しかしできあがったら、サイコロキャラメルなのか段ボールなのか訳のわからない物体で
『ハニー、君だよ』なんて言われたら、そりゃああ怒るのも無理はない。
ぜったいにここまで変な物体ではない!とわたしなら言うだろう。
それで彼女は泣いちゃったか怒っちゃったかしらないけど
ピカソはしょんぼりして、下に書いたんだなあとおもう。

Ma jolie(僕の宝物)



【ピカソから7つの助言】

 
1. 必ずできると信じろ

「思いついたことは出来る。思いつかないものは出来ない。これは避けがたく、明白なことだ。」

2. 限界を超えろ

「私はいつも自分の出来ないことをする。どうやればいいのかわかるからだ。」

3. 「その時」を待つな

「インスピレーションは常に存在する。見つけに行くんだ。」

4. 動け

「明日に引き伸ばせば、それは死んでしまう。」
「行動がすべての成功の鍵だ。」

5. 正しく問え

「他の人間はなぜそうなったかを問う。私はいつも何ができるのか、なぜできないのかを問う。」

6. ジャッジせず、隠された美を見ろ

「我々は脳をブン投げて、ただ目だけで見ることができればいいのだが。」

7. 遅すぎるなんてことはない。

「若さと年齢は無関係。」
[PR]
by Tukurokka | 2014-06-12 11:39