ティファニーはユニクロで (in NY #22)

教会の隣には有名なブティックが立ち並び
まるで銀座のようです。少し先にはティファニーがありました。
買うつもりもないけれど、銀座と同じこともわかっているけれど
それでもやっぱり入ってみることにしました。
c0117635_20284786.jpg

中はこんなかんじで、らせん階段の一段一段に
ブルーのティファニーの小箱が置いてあります。
c0117635_20291070.jpg

そして、綺麗な小鳥の宝石がウインドーに飾ってありました。
c0117635_20293953.jpg

私がティファニーの中で一番ほしいな・と思ったのはこれでした。
(でも売ってないみたい・・)
私がグレースケリーだったら、王子様にこれを
おねだりします。(笑)

チャーリーは私の娘に何かお土産を買ってあげたら?と
色々と心配してくれました。
それで、娘には三千円位でティファニーで何か買える?と聞くと
もしかしたら、しおりがあるかもしれない・・と
色々な階を廻って探してくれました。
もしも栞があるのなら、本の大好きな娘に
とっておきのプレゼントを買ってあげたいと思いました。

チャーリーは外人のような美しい英語で
私の娘のためにしおりを探しているのだけれど
扱っていませんか?と店員さんにも聞いてくれました。

でもこのお店にはそれは扱っていなくて
買うことを諦めました。
私は娘のためには、きっと何かすてきなものが
見つかるだろうと思いました。

そしてそろそろお別れの時刻が近づきました。
私は6時40分にヒルトンホテルに集合で
HISの主催する、ハーレムのジャズを聴きにいくというものに
申し込んでいました。
c0117635_20301438.jpg

ヒルトンホテルでは
集合場所に係りの人がいなかったり
HISのデスクはクローズしていたりと
最後の最後までチャーリーに心配をかけて
一緒にホテル中を捜しまわらせてしまいました。
わたしが無事にHISの人に会うのを見届けて
心底ほっとしているのがわかりました。

プロ中のプロというのは
きっとチャーリーみたいな人を言うのでしょう。
何にも言わなくても、不安も要望も何もかも察して
それに気遣っていることすら悟らせずに
わたしが安心していられるようにずっとしてくれたのです。

本当にチャーリーほどすごい人はいません。
すごいなあ・・心からそう思い尊敬しています。
チャーリー、本当に本当にどうもありがとう!!
最高に楽しい一日でした。
[PR]
by tukurokka | 2011-01-25 20:30