<   2011年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

ちなみに、こちらはグラウンドゼロの近くにあったスタバです。
建物も彫刻も素敵です。。
c0117635_19494328.jpg

c0117635_1950859.jpg

一休みした私たちは
イエローキャブに乗りました。
チャーリーが運転手さんにウォール街を
通ってアップタウンへ行ってくださいと
頼んでくれたおかげで、私もぜひ一度見てみたい・・と思っていた
ウオール街の様子を見ることができました。
c0117635_19504411.jpg

c0117635_19512613.jpg

重厚な雰囲気の建物が多く、その横に大きな教会が並んで建っているのが
とても不思議な感じでした。
c0117635_19515753.jpg

タクシーの運転手さんは一番いい眺めのコースで
運転してくれたようです。
ブルックリンの橋や自由の女神も見えました。
c0117635_19522215.jpg

c0117635_19524633.jpg

c0117635_19531936.jpg


チャーリーは風邪気味だったのに
写真を写すたびに窓を開けていて
ほんとにごめんね。
[PR]
by tukurokka | 2011-01-23 19:54
テロの現場は新しい建物を建設中でしたが
なかなか完成せず、今も建築中でした。
c0117635_18304272.jpg
c0117635_1831485.jpg
c0117635_18312054.jpg

c0117635_18314210.jpg

c0117635_18323466.jpg

c0117635_18414616.jpg

私たちは現場を廻り
センチュリー21で少し買い物をして
少し休憩を入れてから
またイエローキャブに乗って
ウォール街などを通ってもらったり
自由の女神が見えるようなコースをたどりながら
マンハッタンの5番街のほうに戻ることにしました。
[PR]
by tukurokka | 2011-01-22 18:33
お昼前にチャーリーがやってきて
それから私たちはタイムズスクエアに行きました。
c0117635_18171325.jpg

c0117635_1817438.jpg

c0117635_18181294.jpg

c0117635_18184295.jpg

本当に賑やかな場所です。
c0117635_18192191.jpg

c0117635_18194997.jpg

アメリカ料理は美味しいけれど
食べきれない量でした。
c0117635_18201761.jpg

c0117635_18203596.jpg

c0117635_182109.jpg

NYで20年ぶりの友人と
高校時代の仲間たちの話をしたり
お互いのことを話したり
本当に楽しくて贅沢な時間を過ごしました。

それからイエローキャブに乗って
グラウンドゼロへ。
9・11事件の現場に一番に行きたいという気持ちは
やっぱり昔からの友達だけあって
全くいっしょでした。
c0117635_18213036.jpg

c0117635_18214853.jpg

c0117635_18221019.jpg

c0117635_18223580.jpg

c0117635_1823532.jpg

[PR]
by tukurokka | 2011-01-22 18:23
歩いて行くとマックがあったのでコーヒーを買い
飲みながら歩いていきました。
マックの120円コーヒーを飲むなんて
全然いつもとおんなじだなあと自分でもおかしくなりました。
コーヒーの味はずっと日本よりも美味しくてびっくり!
睡眠不足の頭がすこしクリアーになっていきました。

それから私は、本で見つけてどうしても行きたかった
ボタン屋さんにたどりつきました。
c0117635_10215528.jpg

物語の絵のついているボタンや
金色のボタンを探していると
とっても時間がかかるお客さんの私ですが
せかすこともなく
「おはよう。ゆっくりどうぞ♪
決まったら声をかけてね!」と感じの良い店員さんが
にこにこしながら言ってくれました。
c0117635_10221671.jpg

職業柄というのでしょうか
買わなくてもとにかく見たい。
日本では手に入らないものはあるのかどうか
色の感じは、質感は、素材は 
何もかも手にとって確認していきました。
c0117635_10224176.jpg

何件か廻って、そろそろ帰らないと
チャーリーを待たせてしまいます。
気にいったボタンを買ってホテルに戻ることにしました。

途中にあった可愛い手づくりクッキー屋さんは
フリスビー位ある大きなクッキーをウインドーに飾っていました。
c0117635_102431.jpg

c0117635_10231286.jpg

c0117635_10233740.jpg

[PR]
by tukurokka | 2011-01-20 10:24
外に飛び出すと、もうマンハッタンの朝はすっかりはじまっていました。
c0117635_1025764.jpg

c0117635_1032280.jpg

私は無意識に瞬きをするように
カメラのシャッターをきりながら歩いていました。
c0117635_1035310.jpg

c0117635_1041693.jpg

c0117635_1045039.jpg

c0117635_105134.jpg

こんな喧騒のなかでも
とてもとても美しいのは、
存在しているものすべてが持っている
強い個性なのでしょうか
c0117635_106227.jpg

c0117635_1064699.jpg

c0117635_1071741.jpg

自然の中にいるのとはまた違った
人がいる安心と、人がいる怖さ
でもそのときの私には何故か
怖いという気持ちは全くありませんでした。
c0117635_1074472.jpg

朝のNYは
これから成長していく若い動物のようにも見え
若い芽を沢山持っている巨大な樹のようにも見え
ものすごく不思議な
心を惹きつける力を持っている場所でした。
[PR]
by tukurokka | 2011-01-20 10:07
そして私はベットにもぐりこんだのですが
それはそれはすごい騒音が隣の部屋から聞こえ
どどどどうしよう!!!と思ってしまいました。

私は本当に疲れていて
一刻も早く眠りたかったので
とにかく必死になって目を閉じました。

でも、とてもとても眠れるなんてものじゃありません。
私は布団を頭からすっぽりとかぶってみましたが
ホテルの薄い毛布では何のたしにもならないのです。
うあ~~~!!!こ、これは困ったぞ~~~!!!

万事休すとはこういうことです。
私は音楽でもかけようと思ったのですが
エコノミークラスのこのホテル
ステレオなんて洒落たものはどこにもありません。

でもわたしは思いました。
フロントに電話するなんて無粋な真似はよそう。
仲良きことは美しきことかな・・
と・・フーテンの寅さんのようにおもいました。
しかし・・・

それは甘かったようです。
このホテルは木造なのー!??と思ったくらいです。
私の部屋まで揺れている始末。

次に私は、きっとそのうち眠っちゃうから
もう少ししたら静かになるでしょう・・と思ったのですが
それも大きな大きな間違いであったようで
2時になっても3時になっても全然静かにならなかったのです。
私はもう仕方がなくてテレビをつけてみました。
そしたらテレビも深夜番組?だったのか
R18しかやっていないのです。
私は本当に参ってしまってテレビを消しました。
私はたぶん、もう疲れが限界を通り越していて
ついにもう、だめだと思いました。
隣の部屋では「助けて 神様~!」とか言っていますが
私の方も真面目に「助けて 神様!!」でした。
時計を見たら3時45分でした。

私は拳骨で、おもいっきり壁を叩きました。

「イ・イ・カ・ゲ・ン・ニ・シ・ロ!!シ・ズ・カ・ニ・シ・テ・ク・レ!!」

しかしペンシルバニアホテルはやはり鉄筋で、
壁もコンクリートだったようで
私は手がすごく痛くなってしまいました・・。(涙)
なんでなんで、私がこんなに手が痛くなるんだ~~!と
私は悲しくなりましたが、もうぐったりして
それ以上拳骨も使えそうもありませんでした。
まるで戦いに敗れて、バッタリとリングに倒れた
ボクサーのような私。

こんなことしたってきっと配慮なんてしてくれないよ・・と
諦めていたのですが
気のせいか騒音がマシになってきたので
私はもうそのまま 死んだように眠ってしまいました。

そして朝の8時にモーニングコールがかかってきました。

う・・もう朝になっちゃった!!
今日はチャーリーが
お昼前に私のホテルに迎えにきてくれることになっていました。

3時間も眠れたんだからいいことにしよう・・。
とりあえず私は起きて、支度をして、9時にホテルを飛び出して
マンハッタンの街を歩きはじめました。
[PR]
by tukurokka | 2011-01-18 19:33
おまたせいたしました・・。
いえ、誰も待ってはいませんね!(笑)
このたび私は考えましたが、なにもかも正直に
書くことにいたしました。

今日明日と2日間、ブログはちょっと横道にそれてしまいます。
もしも未成年の方が読んでいらっしゃいましたら
ぜひ2日分の日記はとばしてください~~。(*^。^*)
(・・ってぜったいとばさないよね。。。)

中学からの親友nonに先日電話のついでに話したら
爆笑して「しかし、小物作家のブログに書くのかあ~!?」と
相当焦ってくれましたが・・・
そうですそうです。
普通書いては駄目でしょう!
イメージが崩れるでしょう!!
でも・・私のイメージって??
もとからこのまんまなので、どうか皆さま許してください。

長くなりましたので本題へ・・。

私は自分の降りる駅が一番始めだったので
二人に沢山手を振って、地下鉄を降りました。
そして駅からペンシルバニアホテルまで
迷うことなく無事に到着し
長い長い一日が終わりました。

もう何時間眠っていないのでしょう?
睡眠一時間半と機内で一時間位、合わせて2,3時間しか
眠っていなかったのです。
ホテルに帰り、シャワーを浴びて
靴の手入れをしてから、きっと沢山眠りすぎてしまうだろうと思い
フロントにモーニングコールをお願いして
8時に起こしてくださいと頼みました。

そして今日はもう睡眠薬を飲んだみたいに
眠ってしまうだろうなあと思って目を閉じました。
[PR]
by tukurokka | 2011-01-17 21:00
そして7時から始まったオープニングパーティも
10時頃、そろそろおひらきの時間が近づきました。

私の手には海外の方の名刺やアドレスで
いっぱいになってしまいました。

本当にほんとうに来て良かった!!
最高に素敵な、楽しい、夢のようなパーティでした。

そして夜の地下鉄は
仲良くなった韓国と日本の女の子たちと
一緒に帰りました。
彼女たちはまだ24歳くらい・・。
どちらも働きながら絵の勉強をしつつ、NYで暮らしています。
c0117635_20361640.jpg

c0117635_20363061.jpg

二人ともとっても素敵な女の子たちで
駅でお別れするのが本当に悲しかったです。
また、きっときっと会いたいな。
[PR]
by tukurokka | 2011-01-17 20:34
それから私はお店を後にして
Ouchi Gallery に向かいました。

階段を上って行くと途中で
アメリカ人の男性にお会いしました。
「こんにちは」
「こんにちは」
「ぼくはアーティストです。君は?」
「私もアーティストです。よろしく」
そして握手をします。
日本語で言うと気恥ずかしい言葉も
英語で言うのはなんだか簡単です。
お客様として来たのか、作家として見に来たのか
確認するためだったのだろうと思いました。
c0117635_206052.jpg

またドアの近くで違う外国の男性にお会いしました。
この方にも同じ挨拶をすると
「ぼくはカメラマンです。今日は楽しみに見にきたんです」
と言われました。

大きな不思議なドアでした。
一緒に入ったアメリカのアーティストの方が
さすがにレディファーストで
どうぞ と先に入れてくれました。
c0117635_2061615.jpg

中に入ると、すこしお客様がいらしていて
また、海外のアーティストの方もいらしていたので
非常にカタコトながら、自己紹介をしたり
お互いの作品を鑑賞したりしました。
c0117635_2063792.jpg

今回私は何を展示するか、相当悩みました。
一つは灯り、一つは不思議の国のアリス関係の作品 そしてもうひとつは
定番の馬たちです。

c0117635_2072819.jpg

和紙を使った灯りや、海外の方の好みそうな花の灯りの制作も
考えていましたが
12月に締め切りのお仕事が入ったため
時間的にも無理だと思いましたし
何より神保町にいた馬さんが、NYまで行ってきたみたい・・というのは
とっても面白いかも。。(*^。^*)と思いました。
それで、インチ表記の巻尺を必死で探して
海外用・馬の巻尺をつくりました。
c0117635_2081075.jpg

c0117635_2082474.jpg

私は思うのですが
外国の方は、とてもとてもやさしいです。
作品についても、非常にやさしいまなざしで見てくださること
それから可愛い・ファンタスティック 
ユニーク そういう言葉で伝えてくださいましたが
‘とにかく面白い!”とすごく楽しんでくださったことが
何より一番嬉しかったです。

c0117635_2094927.jpg

c0117635_2010888.jpg

c0117635_20105871.jpg

c0117635_2011106.jpg

c0117635_20114256.jpg

c0117635_20122781.jpg

c0117635_20125022.jpg

c0117635_2013574.jpg

c0117635_20245527.jpg

c0117635_20132272.jpg

日本人の方もいらっしゃいましたし
良く似ていて見わけがつきませんが
韓国の方、中国の方、フランス人、イタリア人と
本当に沢山の国の方とお話することができました。

一番難しかったのは相当込み入った質問を受けたときでした。
イタリアの方で
「とっても発想が面白いと思う。あなたはどうやってこの作品を
おもいついたのですか?」
と聞かれたことでした。
私は聞かれている意味はわかるのですが
どうやってそれを英語にして伝えればいいのか
本当に難しいと思いました。

私の母はとうの昔になくなったこと
ある日お裁縫箱の中に
母の使っていた巻尺がはいっていたこと
そこには母の字で名前が書かれていたこと

古くてすこし破けていたけれど
母の字が懐かしくて、どうしても捨てられず
しんみりと引っ張ってはボタンを押してを繰り返していたら
なんだか面白くなってきて
何かのしっぽみたいだと思ったこと
何のしっぽにしようかと思ったら
馬だ!という気がしたから馬にしたこと

それから私は馬一匹で
お裁縫が全部すんじゃえばいいと思ったから
鞍をつくってお裁縫の道具を全部閉じ込めてみたんだと
英語で伝えてみました。

非常に時間がかかりましたが
なんとか意味が通じたようでした。
[PR]
by tukurokka | 2011-01-16 20:05
NY旅行記の合間にもう一つお知らせです。

今日AMULETに納品しました。
ティーカップのブックカバー
カメラ型定期券入れ
地球のペン・眼鏡ケース
赤いマフラーを巻いたクマのペン・眼鏡ケース
魔法使いの持ち物 ペンケース です。

なかなか12月に納品できず、年末からすこしづつ
つくりためてきました。

今年は昨年つくり途中になってしまった新作とともに
また色々と作っていきたいと思っています。


c0117635_19421739.jpg

[PR]
by tukurokka | 2011-01-16 19:42